アメリカがアジアから手を引いた後 ⇒ 歴史認識カードが復活する悪夢

アメリカは自国の都合で、最終的にアジアから手を引くことになるだろうと予想している。 ―― 参考情報 ―――――――――― 中国が好む多極・多重型覇権 http://tanakanews.com/191107multipol.htm ――――――――――――――――― 安倍首相が中共に対し、玉虫色の対応となっているのは、アメリカがアジアから手を引いた場合に備え、保険をかけていると解することができる。 アメリカがアジアから手を引く意味、すなわち、かつてほど国家予算が潤沢ではなくなったことを意味する。 その状態でも、世界を牛耳るユダヤ金融資本は、アメリカのマスコミを支配し、ワンワールド化を諦めていない。アメリカがアジアから手を引いても対日戦勝史観は健在だ。 グローバリゼーション、共産主義、スポンサー的に同根と考えなくてはならない。EUはもちろん、東アジア共同体構想も背後には、ユダヤが控えていると見るべきだろう。鳩山元首相が掲げる構想、フリーメーソン絡みとみなくてはならない。 日本に対しては、大東亜戦争での敗戦を根拠に、今後もさまざまの謀略が仕かけられることになるだろう。 中共が、アメリカのマスコミを買収するのは訳ないことだ。現実に、トランプ報道(大統領選挙戦、当選後)がそうなっている。 これに対し、安倍首相は、日米の歴史的問題を一つ一つ解きほぐし、元あった姿に戻そうとしている。オバマ政権時代の日米和解の儀式、韓国との外交関係の冷却化はその流れの中…

続きを読む

「自衛力強化」(現実的措置と意識改革)

即位関連行事が一段落した。 拙ブログは、皇室専門ブログではないが、渡部昇一が生前述べられた「摂政で済むこと」を敢えて譲位扱いとしたことについて、違和感を持っている。 譲位発言、即位に係わる儀式完了するまでは、改憲手続きは行えないはずだとの目論見?どおり事はは進んだようだ。 改憲派は、生前譲位が、改憲に係わる国会審議を遅延させるべく、有効に機能したと受け止めるべきなのである。 政権は、揺さぶりに耐え、待った、、、 そして、即位の儀式が一段落した時点で、改憲の動きが活発化することとなった。 ―― 参考情報 ―――――――――― 選挙区単位で改憲集会、自民が全国会議員に指示 報告義務付け https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52022760R11C19A1PP8000/ ――――――――――――――――― これが起爆剤となるかどうか。 例によって石破は、政権のやることなすこと、反対のようだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 石破氏、広がらない党内支持…政権を批判 改憲では持論に固執 https://www.sankei.com/politics/news/191111/plt1911110030-n1.html ――――――――――――――――― こういうのを了見の狭い男と言う。悪い手本としか言いようがない。 繰り返しとなるが、(国会審議含め、憲法改正の取…

続きを読む

自分で分析・判断しようとしなくなるとどうなるか?

拙ブログは、①テレビを視聴しないこと、②新聞や言論人を当てにせず言論人の信者とならないこと、を通じて、自分で分析・判断することを基本的に推奨している。 現実社会は、トルーマンとダレスの予言のとおりになっている。 ―― 参考情報 ―――――――――― トルーマン「猿(日本人)をバカに変えて我々が飼い続ける」 https://ameblo.jp/damedamewanko2/entry-12418438163.html ――――――――――――――――― トルーマンは、スポーツ、映画、セックスを通じて日本人を飼いならすべきだとした。 しかし、現実には、アメリカ社会もそうなっている。 過去二十年くらいの間に、二つ追加されたものがある。 何であろうか? それは、非日常化した世界で金品を浪費する、デイズニーランド現象とYUTUBE動画である。特に、女性諸君、デイズニー世界の虚構の誘惑から早く脱すべきだ。 ひょっとすると、支配層は、映画の代わりにYOUTUBEを位置づけているかもしれない。 流行とは、各国の民族を支配する目的で編み出されたと疑う態度は必要である。 ここで、瀬戸弘幸ブログ記事を参照しておきたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 古谷経衡さんの「若者は知性が低い」 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53337702.h…

続きを読む

web拍手 by FC2