日本にまともなジャーナリストは何人いるのか?

ビジネス界において、その業種において戦力足り得る人材はどれくらいの比率かと聞かれると、せいぜい10%であろうと思っている。 学界において、まともな大学の教官、どれくらいの比率でいるのかと聞かれると、こちらも10%と答えるようにしている。 官界においては、おそらく1%。 ジャーナリストの世界においても同様との認識である。 たとえば、以下のブログ記事で紹介される産経記者は、「叩くスキル」しか有しないようである。―― 参考情報 ――――――――――産経新聞よ お前もか! 辞任した稲田前防衛相を叩いて何の得がある http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4478.html―――――――――――――――――拙ブログは、「批判文しか書けない(書かない)言論人」の原稿は読む必要がないことを指摘してきた。 一方、拙ブログは、稲田大臣辞任に係わっている防衛監察機能と権限から分析を試みた。―― 参考情報 ――――――――――防衛省日報問題  防衛省監察本部機能と権限が今のままでいいのか? http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-555.html―――――――――――――――――防衛監察本部に取材すれば、もっと書けたかもしれないが、彼らが、朝雲や産経の記者には語っても、民間人の私に多くを語ることはないだろう。記者倶楽部制度の弊害を指摘せざるを得ない。当該記者は、調べようと思えば調べられる立場にいるのに、調べないで印象操作的…

続きを読む

防衛省日報問題  防衛省監察本部機能と権限が今のままでいいのか?

防衛問題の専門家が数多いるのに、日報問題についての積極的な提言を見かけないので出稿することとした。防衛省日報問題、元を辿ると、南スーダンへのPKO派遣を決めたのは野田政権である。 野田民進党幹事長が辞任したのは、日報に書かれていることと無関係だとは思えない。マスコミは、例によって野田幹事長辞任と日報問題の関係の有無を取材しようとはしない。 野田幹事長は、おそらく、政党の役職にはつかない、自民党は、そうする前提で野田幹事長と手打ちをしたのではないか、私はそう予想する。 さて、日報に係わる特別防衛監察で、組織的な隠蔽がなされたとの報道がある。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.yomiuri.co.jp/national/20170728-OYT1T50185.html陸自、日報データを組織的に隠蔽…特別防衛監察   2017年07月28日 23時16分  南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報を巡る問題で、特別防衛監察の結果が28日公表され、防衛省が日報のデータを組織的に隠蔽いんぺいしていたことなどが明らかになった。    最大の焦点だった稲田防衛相(58)の関与については、陸自側からデータ保管に関する報告があった可能性に言及。ただ、関係者の説明が一致せず、明確な事実認定には至らなかった。稲田氏は一連の混乱の監督責任を取って辞任した。 稲田氏は同日の記者会見で、「…

続きを読む

愛国保守の原点 継承されるべきもの

次世代の愛国保守のシンボルと言われた、稲田大臣に係わる、芳しくないニュースが増えた。稲田大臣には、何としても持ちこたえていただきたいと思っていたが大臣辞任されるそうである。タイミング的には、蓮舫辞任、籠池夫妻事情聴取、陸上自衛隊トップの岡部俊哉・陸上幕僚長引責辞任と続いた中での辞任なので、カムフラージュされている感はある。私は、二度がっかりしている。 一つは、そういう類のニュースが配信される事実。もう一つは、そういう人物とは程遠い実態だった?可能性についてである。 そして確定的に言えることがある。私は、稲田大臣ほどの愛国者ではない。おそらく! なぜなら、人前で、自分は愛国保守だとか真正保守だとか、自己紹介する気がまったくないからだ。「愛国保守という概念」についての認識が、代表的な愛国議員と言われてきた稲田議員の場合と比較して、まるで異なるのだ。なぜそう考えるのか、身近な事例で紹介したい。ここ数年で近所に住む、小さい子供が増えた。 私が住んでいる場所に特異な現象である。小さい子供から挨拶されるのは、生活の楽しみの一つとなった。さて、将棋の世界、古参で高齢の、加藤一二三という将棋棋士が現役引退した。頭脳明晰で力強い手を指される方だった。 その方があることで怒ったそうだ。―― 参考情報 ――――――――――【ひふみん】“怒ったことない”加藤一二三を怒らせた男性ファンの無作法とは...!? 【スキャンダランド】 https://www.youtube.com/watch?v=ndkSRg2XGhw―――…

続きを読む

web拍手 by FC2