森友・加計問題の総括 政府ニュースチャンネル充実を!

森友・加計問題を経て今何が起きているか? 一言で言うと、マスコミが倒閣運動の主役に躍り出た。そう見ていいだろう。―― 参考情報 ――――――――――マスゴミが倒閣運動の主役へ http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53243112.html――――――――――――――――― そして、稲田問題のリーク源、高橋洋一と田母神俊雄は、政権中枢ないし安全保障に係わる重要人物が、リーク源であることを示唆している。 ||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||稲田問題のリーク源から、安倍内閣「倒閣運動」の深刻度が見えてくる 高橋洋一 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52379田母神俊雄‏認証済みアカウント @toshio_tamogami  7月19日 その他  稲田防衛大臣の日報の問題での記者への返答を見ていると、じぶんを守るために汲々としているように見える。自衛隊に対する愛情が感じられない。自衛隊が悪意を持って大臣を貶めようとするような組織でないことは経験上わかる。そのようなまじめな組織を大臣は守るという意識が必要だと思う。 37件の返信 544件のリツイート 1,114 いいね 返信  37   リツイート  544   いいね  1,114||||| …

続きを読む

森友・加計問題  保守活動組織の再編を急げ!

以下の、産経阿比留記者の記事の冒頭部分は、森友・加計報道問題について集約している。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.sankei.com/politics/news/170724/plt1707240004-n1.htmlメディアの自殺行為 平成29年は後世、マスメディアが自分たちの存在価値・理由を自ら否定し、自殺した年として記録に残るのではないか。何しろ、現在までに半年近くにわたって森友、加計両学園問題ばかりを延々と追いかけ、ひたすら倒閣運動にいそしむというあからさまな醜態をさらしてきたのである。 違法でも何でもない話に対し、明確な証拠も事実関係も示さないまま「怪しい」「疑問は消えない」「悪いことをしているに違いない」と追及し続け、針小棒大に取り上げる。一方で、民進党の蓮舫代表の二重国籍問題のような明白な違法行為については「差別はいけない」と論点をすり替えて不問に付す。 「行政がゆがめられた」と首相官邸の対応を批判する前川喜平・前文部科学事務次官の言葉はありがたがって大展開する半面、その反証となる加戸守行・前愛媛県知事の証言は、記事本文中で一行も報じない。 森友問題をめぐっては、大騒ぎして証人喚問まで行ったものの、何も新事実は出てこなかった。登場人物たちの奇矯なキャラクターが改めて浮き上がっただけではないか。以下省略||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||…

続きを読む

どう考えてもテレビ・新聞に依存しない時代になる!

民主党が衆議院選挙で勝利した年、私は、マスコミに依存しない生活に移行した。 マスコミを捨てたのである。 具体的にどうしたのか?ワイドショーもの、バラエテイ、報道ステーションなど、ニュースものの類は、完全不視聴。ニュースについては、ネットの産経・読売中心。気になるニュースは読売紙面で確認(一部保存)、その他、政治ブログ、まとめサイト、メルマガなどで入手している。 テレビニュースは重大災害情報以外、見ない。これで十分だと思っている。 いわゆる政治討論番組は、司会者田原総一朗が気に入らない発言を中断させるという手法を駆使するので、一切見ない。 サンデーモーニングは、素人に毛の生えた程度の有識者の座談会みたいなもので、見るだけ時間の無駄という評価である。翌日のブログ原稿のシナリオを考えた方が意義がある、そんな感じである。従って、テレビ局やテレビ番組制作会社が偏向捏造を企てようが、まったく影響を受けない。テレビ出演者の大部分を人間の●だと思っている、頻繁にテレビに出るというだけで、大したことがない、三流レベル、そんな評価である。 では、テレビ番組、まったく見ていないかというと、特定の番組のみである。人生の楽園、YOUは何しに日本へ?、笑点、旅行番組くらいである。YOUは何しに日本へ?は、いつも見ているが、なぜか、中韓は取材対象外のようである。タイ人は見かけたことがあるが。が、旅行番組は、出演者が、容姿・雰囲気的に日本人ではなさそうな雰囲気が多いことが気になり、最近は見なくなった。従って、加速度的に、…

続きを読む

web拍手 by FC2