教科書検定規則改正  パブリックコメント中

教科書検定規則改正(省令)について、7月25日提出期限でパブリックコメント中である。―― 参考情報 ――――――――――教科用図書検定規則の一部を改正する省令案等に対するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000905&Mode=0―――――――――――――――――注目すべき主な箇所を再掲する。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||(資料1)新旧対照表(教科用図書検定規則) 第7条(新設)文部科学大臣は、申請図書が図書の検定、採択又は発行に関して文部科学大臣が別に定める不公正な行為を行った申請者によるものであって当該行為がなされた図書の属する種目と同一の種目に属する場合には、前項の規定にかかわらず、当該行為が認められたときから直近の一の年度(第四条第二項の規定に基づき当該種目が連続する二以上の年度にわたって申請を行うことができる種目として告示されている場合は、二以上の年度)に限り、検定審査不合格の決定を行い、その旨を申請者に通知するものとする。 (検定済図書の訂正)(検定済図書の訂正) 第十四条検定を経た図書について、誤記、誤植、脱字若しくは誤った事実の記載又は客観的事情の変更に伴い明白に誤りとなった事実の記載若しくは学習する上に支障を生ずるおそれのある記載が…

続きを読む

青森沖での領海侵犯事案と「空き地の雑草の除去」  強権発動しない時点で根っこは同じ!

私は、ノンポリ、にわか保守である。 なぜ強調して書くのか。 真正保守だの愛国保守だのと豪語する(言論)人に限って、批判文しか書けない(書かない)。政策提言がないのだ。それでいて、言論雑誌に、長々と書き綴る。法規制的に、どうすればいいのか、行政機関的にどうすればいいのか?具体提言がないものばかりである。従って、言論雑誌、買ったことがない。錯乱癖ある人物も新規参入したそうだが、あの手の本を読む時間があるくらいなら、自分で論点をまとめ、官邸や議員に陳情書でも作成、提出した方が、精神安定的にもいいのではないか、そう思いつつある。 さて、青森沖で中国公船による領海侵犯があったそうだ。―― 参考情報 ――――――――――【緊急】中国武装船、青森県沖の領海に侵入 http://hosyusokuhou.jp/archives/48797152.html―――――――――――――――――現実的に実現可能な憲法改正を目指すしかあるまい。 私は、改憲派だが、個人の趣味で、憲法無効論や、9条の条項改憲内容について、述べることを躊躇っている。とにかく、自衛隊を合憲にし、先制攻撃できるようにすることだ。つまり、領海侵犯に対して、強権発動できるように措置することだ。 話題を変えたい。夏を迎え、空き地の雑草繁茂が気になってきた。空き地の雑草の高さが2メートルを越えた。直近では、ベトナム人が27歳の女性を草むらに引きずり込んだという事件が発生した。―― 参考情報 ――――――――――27歳女性草むらに引きずり込み刺した疑い…

続きを読む

加計問題の元凶?  裏でコソコソやってきた石破茂

石破茂は、裏でコソコソやるのが好きな議員のようである。 それでいて、都合が悪くなると掌を返し、豹変する。自民党の会合、特に、安倍政権が掲げる政策については、徹底した議論、議論の手順について難癖をつけてきた。 ―― 参考情報 ――――――――――・政界の問題児「Mr.クレーマー」を議論の場でどうねじ伏せるか http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-319.html ――――――――――――――――― だが、私は、産経のこの記事を読んで発想を変えた。石破茂こそが、加計学園問題など、もっともホットな話題において、裏でコソコソやりシナリオを描き、その裏で徹底した議論を排し、議論の手順について利権的に操作してきた中心人物だった疑いが濃厚となったのだ。産経のスクープ報道を読んでみたい。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.sankei.com/premium/news/170717/prm1707170008-n1.html新設認めぬ「石破4条件」は獣医師会の政界工作の「成果」だった! 民主党政権でも献金攻勢… 「学部の新設条件は大変苦慮しましたが、練りに練って、誰がどのような形でも現実的には参入は困難という文言にしました…」 平成27年9月9日。地方創生担当相の石破茂は衆院議員会館の自室で静かにこう語った。向き合っていたのは元衆院議員で政治団体「日本獣医師政治連盟」委員長…

続きを読む

web拍手 by FC2