今年の反省

今日は、大晦日。本年最後の原稿として出稿いたします。 ブログ開設してこの冬で10年が経過しました。ブロガーの視点でこの10年間をふり返ってみたいと思います。 当時は、多くの保守系ブロガーは、見様見真似で活動のあり方を模索、デモや集会に参加、有志はポステイングに日夜励んでいました。時代は変わり、ポステイングは、Facebook、ツイッターでの周知活動に置き換わりつつあります。 デモは、ヘイト騒動、同士討ちの影響もあり、なかなか大規模なものが組めなくなりつつあります。つまり、活動手法論的には、転換点に入ったことを意味します。結果を出すならどうすべきか?真剣に考える時期に来ていると考えます。 次に、保守政界。 拙ブログは、政治家では、平沼赳夫先生、与謝野馨先生、三宅博先生支持派でした。平沼赳夫先生は、ご子息に地盤を譲られ、引退されました。民主党政権時代、多くの保守層の精神的支柱でありました。 与謝野馨先生は、政策立案力、調整力、多彩な趣味など、玄人受けする政治家でした。 与謝野馨先生については、このような産経記事があったことご存じでしょうか? ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| http://www.sankei.com/premium/news/171228/prm1712280015-n3.html 長く自民党で活動したが、22年にたちあがれ日本の結成に参画し、自民党から除名された。23年には、まさかの民主党政権の菅直…

続きを読む

河野洋平氏への伝言  韓国が合意破棄を表明・河野太郎が外務大臣である今、談話破棄を宣言すべきだ

韓国政府は、日韓合意破棄の方向で進んでいる。 アメリカの有力紙「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」が韓国について批判的なのは、国際金融資本として安倍政権の立場を支持していると見ることができる。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米WSJ紙、文在寅大統領を激烈批判「信頼できる友人ではない」韓国メディア大騒ぎ http://www.sankei.com/world/news/171113/wor1711130017-n1.html ――――――――――――――――― とにもかくにも日本は再交渉の口実を一切与えてはならない状況にある。 また、国連や国際社会のこれ以上の介入も避けたい。 また、日本国内での慰安婦問題に係わる「謝罪と補償」を求める活動は、「河野談話」を根拠としていると言われている。 外務大臣である河野太郎は、その父のために腎臓を提供、外務大臣としては近年稀にみる働きぶりである。 毅然とした態度、はっきりした言いっぷり、迅速な対応。大臣の仕事としては一級品である。大臣になる前に、そういう振る舞いになるとは誰が想像したであろうか? 河野外務大臣以前の外務大臣の中で、毅然とした態度、はっきりとズケズケものを言う大臣は、私が知る限り皆無。小泉内閣時代の外務大臣だった、田中真紀子などは、お飾りではないかと思ったくらいである。 それくらい日本外交はお粗末な時代が続いたのである。 第二次安倍政権になってから、岸田外務大臣と一緒に精力的に外交を展開し、やっと外務大臣…

続きを読む

公海での石油取引及び輸送  日本の朝鮮総連が介在している可能性はないのか?

石油製品を「瀬取り」という手法で北朝鮮船籍の船に移し替える取引行為について、個々の取引行為(購入、輸送)について、実質的な金の出所がどこか、調べておくべきと考え出稿することとした。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.yomiuri.co.jp/world/20171229-OYT1T50076.html?from=ytop_main1石油精製品移し替え北に密輸か、タンカーを拿捕   2017年12月29日 20時55分 【ソウル=中島健太郎】韓国政府関係者は29日、国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮への輸出が制限されている石油精製品を北朝鮮船舶に積み替えて密輸したとして、香港船籍のタンカー「ライトハウス・ウィンモア号」を韓国南部・麗水ヨスで拿捕だほしたと、韓国メディアに明らかにした。 ウィンモア号は10月15日、日本製の石油精製品約1万4000トンを積んで麗水を出港。目的地と申告した台湾に向かわず、同月19日に東シナ海の公海上で、石油精製品約600トンを、船から船に移し替える「瀬取り」という手法で北朝鮮船籍の「サムジョン2号」に移動させた。19日は、米財務省が、ほかの北朝鮮船舶「レソンガン1」が石油とみられる物資を国籍不明の船から移し替える現場を押さえたとして撮影した日付と同一だ。(ここまで343文字 / 残り337文字)   2017年12月29日 20時55分||||| ここまで引用 |…

続きを読む

web拍手 by FC2