政治家に陳情するということ

本稿は、一個人が政治家に陳情することを想定、対応結果がどうなるかについてこれまでの対応経験から得られた知見に基づいて記述するもの。訴訟沙汰、騒動に巻き込まれ政治家に処置をお願いする民間人がいる。世の常である。ここでは誰とは書かない。 民事不介入の原則もある。たとえば政治騒動において、本来は明らかにスパイ防止法等で取り締まられるべき趣旨のものであっても、警察は動かず、これを被害者である民間人が何らかの手段、民事訴訟、弁護士懲戒請求した事案等について、反日勢力側、特に親北勢力からの対抗措置としての法律的措置が自由自在な状態にある。親北勢力の政治活動や法律措置について明確な制限がないのである。本来、スパイ防止法で摘発されるべき人たちが、自由自在に政治活動も請願でき、民事・刑事の訴訟活動も制限がない。 請願法という法律の運用詳細をご覧いただきたい。http://nenkinsha-u.org/04-youkyuundou/pdf/kenpou_16jou_seigan_tetsuzuki1407.pdf スパイ工作員にも自由自在に亡国法案の請願が許される制度、まったくおかしいとしか言いようがない。弁護士がスパイ工作員だった場合、最悪の事態を想定しなくてはなるまい。国が、法律が国民を守ってくれないからである。 ネット界では、スパイ工作員と思われる方が、HNやIPアドレスを頻繁に変えて出没しているようだ。本来ならこれも制限されるべきだ。少なくとも北朝鮮に対する制裁措置として、国内で親北勢力の政治活動、スパ…

続きを読む

活動を主宰するということ

本稿では、『活動論的には、主宰者は「集会する活動」の目的、手段、シナリオ、手順、行程表について明示し、果断なく実行に移すべきであり……………』について詳述を試みる。 巷には、「活動論的にすべきことをしない団体」(すべきことをしないように見える団体)、「結果を出すことを前提としない活動」(結果を出すことを前提としないように見える活動)が溢れている。 一応、保守、愛国の看板を掲げていようと、「すべきことをしていない活動」、「結果を出す前提でない活動」に満足してはならず、保守、愛国に関係なくおかしいものはおかしいと主張すべき、というのが私のスタンス。 技術というものはすべて文章化できるもの(文章化するべき)と私は経験的に考えている。 どういう意味かというと 職人技とされる作業、勘所であっても、文章化は可能であり、文章化できない技術やノウハウは、そもそも技術でもノウハウでもない、ということなのだ。「文章化できることはあることを為す能力がある証左」となるのである。 この考えを「活動」に当てはめると、文章化していない(文章化できない)活動は、そもそも「活動の次元」に達していないどころか「結果を出す前提でない」ということになる。 仮に、マスコミや弁護士会追及し、何らかの法改正を目指して?、活動している組織、団体があったとしよう。 私が主宰者ならこうする。活動について目的、手段、シナリオ、手順、行程表をすべて文章化する。 文章スタイル的にはA4ビジネス文書形式で稟議書に添付できるような内容のものである…

続きを読む

流用される個人情報  今の法律のままでいいのか?

個人情報は実態的に常に流用されているとみていいだろう。 たとえば、健康食品を製造・販売する、ある有名企業が、サンプル品と称してしかるべき分量の商品を無料提供を発表する。試しに申し込む。すると、0120で始まる番号から携帯電話に何度か電話がかかってくる。これは仕方がないことである。もちろん、私には電話に出なければならない義務はない。 電話会社の子会社が、親会社の0120のサービスを使い、個人情報を取引先に流し、外部委託先の別のテレマーケテイング会社が勧誘電話するケースがあった。―― 参考情報 ――――――――――電話勧誘の問題 日本を代表する企業の法令違反続出か? http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-69.html――――――――――――――――― こんなケースもある。知り合いで、ポイントを貯めるために、正体不明の企業のアンケート調査に応じる人がいる。マメにやると月に、数千円?レベル。 しかし、この個人情報を詐欺のために流用している連中がいるようだ。なぜなら、その知り合いのところに、訴訟沙汰前提での詐欺請求が2回、郵送で送られてきた。彼らは、悪徳弁護士とツルんでかようなことをしている可能性がある!? 関係している弁護士は資格剥奪すべきだろう。そこにあった、電話番号は固定電話番号であった。 警察に通報したが、おそらく転送電話であろう。 ―― 参考情報 ――――――――――都内で急増! 固定電話の転送サービスを詐欺に悪用 発信元隠しなどに有効か…

続きを読む

web拍手 by FC2