政治記者・政治ニュースが信用できない決定的理由

最近の政治ニュースについて、私が基本的にマスコミ報道を信用しないのは、たとえばカジノ法案について論評する、前稿で箇条書きで書いたような事項についての、「全方位的な分析」を根拠とする報道が見当たらないことに起因している。 ―― 参考情報 ――――――――――・今なぜカジノなのか  百年後に評価される政策? http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1060.html―――――――――――――――――体験した、歴史的な経緯を紹介させていただく。 特に酷かったのは、第一次安倍政権の実績に係わる不報道(意図的な不報道があったという意味)、麻生政権末期の麻生首相の(失言でないものまで失言だと喧伝する)報道、民主党政権時代の外国人参政権・人権侵害救済法案に係わる問題点等の不報道、第二次安倍政権で相次いだ重要な首脳会談(日英、日仏、日印、日越など)に係わる核心部分の不報道である。 特定秘密保護法案、テロ3法、集団的自衛権見直し等の重要事項については、産経、読売以外は、テレビニュースを含め、読者・視聴者が判断するに足る必要かつ十分な情報が配信されていないという認識を持っている。 近年、拙ブログが、多くの政治ブログと比較し外交分析記事が増えたのは、外遊する首相に同行しているはずの各紙の政治記者の報道がレベルが低すぎるか(在日枠でのコネ入社、コネ配属の弊害?)、国益に係わる重要かつ核心部分について不報道が多いと判断したためである。特に、テレビニュースは、外…

続きを読む

放送法改正が無理なら、、、

放送法改正が無理なら、、、テレビ放送業界全体を没落させる活動を選ぶべきだと私は考える。 既に、テレビ業界、各局において、広告収入が減っているのだそうだ。―― 参考情報 ――――――――――テレビ局の地盤沈下が止まらず… フジテレビ関係者「あのとき、ホリエモンに買収しておいてもらったらよかった」 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-45925.html―――――――――――――――――スポンサーが減ることは、相対的に、パチンコCM、創価CMが増え、嫌気が増して、テレビを見なくなる人がさらに増えることを予想。 悪循環の始まりということ。 また、中共閣僚のアメリカ国内の銀行口座の資産は、今年六月末に凍結されたそうだが、日本のマスコミはなぜかそろって不報道だそうだ。―― 参考情報 ――――――――――支那官僚の資産凍結!米国「ウイグル族を不当に拘束」!支那「内政干渉やめよ」!東トルキスタン http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7163.html――――――――――――――――― ラオスの洪水事案も国内のマスコミはこぞって不報道のようだ。―― 参考情報 ――――――――――【ラオス】韓国企業によるダム決壊、「1126人を発見できていない」 ラオス・アッタプー県幹部  AFPBB News http://hosyusokuhou.jp/archives/48821124.html ―――――――――――――――――…

続きを読む

視聴者のための「消費者BPO」設置を目指すべきだ

BPOという組織が存在する。https://www.bpo.gr.jp/彼らは第三者機関と主張するが、人選、事案の選定などから業界版BPOという認識である。 委員の選出、取扱う事案が恣意的でなければそういう印象を持つことはない。 委員が政治的に中立な方々とも思えないし、放送法違反問題について、野放しにしている印象がある。 そうではないというなら、第三者機関なのだから、理事も評議員も業界関係者以外であるべきだ。全員公募、無給で募集すればいい。理事にテレビ局関係者が居る事が根本的に間違っている。 https://www.bpo.gr.jp/?page_id=1284#c_02 放送法違反が続出しているとみる場合、兼業で、BPOの仕事が務まるとは思えない。やる気があるなら専業でやるべきだ。よって、私は、このBPOなるものを一切信用しない。業界に有利な取り計らいをするために用意された組織と認識する。 Wikipediaには以下のような記述がある。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%80%81%E5%80%AB%E7%90%86%E3%83%BB%E7%95%AA%E7%B5%84%E5%90%91%E4%B8%8A%E6%A9%9F%E6%A7%8B中立性に対する疑義、批判 放送法遵守を求める視聴者の会事務局長の小川榮太郎は、「放送事業者自身のコン…

続きを読む

web拍手 by FC2