「正直・公平」に石破茂候補者情報を配信するとこうなります

安倍首相の情報については、今さらどこをどうほじくったところで周知されているように思うが、石破茂に関する報道情報は、不完全なものが多い気がする。「正直・公平」を信条とする石破茂なのだから、有利な情報も不利な情報も等しく拡散されるべきと思う。 以下は、単なるリンク集的な素材に過ぎない。 判断するのは、総裁選にて投票する議員であり党員である。 以下は、配信すべきと考える情報の一例。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【悲報】正直で公正な石破茂さん、自身の離党経歴をプロフィールに記載せず @総裁選特設サイト http://www.honmotakeshi.com/archives/54060103.html防衛省元幹部が石破茂の決断力のなさを赤裸々に語る 省内での不人気ぶりを暴露 http://japannews01.blog.jp/archives/50513273.html【悲報】石破茂氏、総裁選期間中の安倍首相のロシア訪問を批判「国民に向けて語ることよりも大事なことがあると判断したということだろう」 http://www.honmotakeshi.com/archives/54059821.htmlみのもんた「米軍基地が全部返還されたら、そこはどういう風に?」 石破茂「…考えなきゃいかん」 ネット「つまり何も考えていない」 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-46682.html石破4条件を問われた石破茂が「自分には一切責任がない」と断言 全ては承認した…

続きを読む

トランプ「真珠湾」フェイク報道  原因はキッシンジャーと山本五十六にあるのではないか

アメリカが親日国であると考える人が多い。 しかし、キッシンジャー外交の影響下にあったアメリカのほとんどの政権は、親日的ではないような気がする。 案の上、キッシンジャーを外交顧問として迎えたトランプは、反日ネタとして、真珠湾攻撃ネタを持ち出したとする情報が飛び出した。(これをフェイクニュースであると官房長官が否定したことは知っていて書いている) //////////////////////////////////http://www.sankei.com/world/news/180829/wor1808290008-n1.html「真珠湾攻撃忘れないぞ」トランプ米大統領、安倍首相に圧力 米紙ワシントン・ポスト電子版は28日、トランプ大統領が6月にホワイトハウスで安倍晋三首相と会談した際「(第2次大戦の)真珠湾攻撃を忘れないぞ」と前置きした上で、難航している通商問題の協議を始めたと伝えた。異例の発言の背景には、対日貿易赤字の削減を目指し圧力を強める狙いがありそうだ。 米国では真珠湾攻撃は「卑劣なだまし討ち」との見方が強い。日本側の弱みと見なしてトランプ氏が通商交渉で譲歩を引き出すために、あえて日米首脳会談で触れた可能性がある。 同紙によると、トランプ氏は真珠湾攻撃に言及した後、米国の対日貿易赤字について激しく非難し、安倍氏に対し牛肉や自動車の対日輸出で米国に有利になるような2国間貿易協定の交渉に応じるよう促した。 これに対し安倍氏は、トランプ氏の発言が終わるのを待った上で反論。日本政府当局者は「首…

続きを読む

情報公開されるべきは労働組合の帳簿  組合専従者の待遇ではないのか

世の中、徹底した情報公開が当たり前の時代である。 小池百合子が都知事戦で、情報公開を公約したことを思い出したい。これは、本来的には、都庁労働組合(都庁労組専従)にも適用されるべきことである。 私が勤めていた会社にも組合はあり、専従者もいた。実態は、専従者については、給与水準不明、ゴルフ・宴会三昧の日常であった。専従者たちの目は総じて笑い、おいしい思いをしているという感じであった。選挙目的で組合員から徴収したカネを裏金化し、持ち家購入の頭金にするなど、横領しているような輩もいた。つまり、この時代、最も情報公開に逆行している組織、集団、それが労働組合である。職種的には、専従者なのである。 日教組の委員長が、銀座で飲みまくり、愛人騒動が発覚したのは、氷山の一角。連合傘下の全組合の専従の給与実態が不明、ゴルフ・宴会三昧、裏金化による横領行為横行等は許されるものであろうか?―― 参考情報 ――――――――――W不倫に夜の豪遊、就任半年で消えた日教組トップの“器”  問題は「不倫」よりも「横領」 本来、組合員が告発するレベル http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/272.html――――――――――――――――― 推定となるが、日教組委員長の所得は3000万くらいではないか?以下は、専従者の給与水準について、とりあえず、ネット上から収集したもの。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://b…

続きを読む

web拍手 by FC2