今年1年を振り返って思うこと

まず、重要政治日程を参照したい。2018年の重要政治日程 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/11362選挙は国内では、自民党総裁選挙。国外ではアメリカ中間選挙。特段波乱はなかった。 経済的には米中貿易紛争勃発のあおりを受けて、年末に向けて株価は大幅下落で終わった。これについては、アベノミクスが失敗に終わったとの見方をする方がおられたが、戦後の株価の年足を見られることをおすすめする。ジンクス的に対前年比で7年間続けて上げ続けたケースはない。 法案的には、働き方改革法、統合型リゾート実施法、出入国管理法等の法制化、法改正が進んだ。【図解・政治】重要法案の衆院審議時間(2018年11月) https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-houmushihou20181127j-05-w400好景気を背景とした、政権が進めようとする、外国人労働者受入れ拡大についての評価は、保守層の中でも分かれる。 私は、高学歴化、少子化が進んだ社会で、そもそも低賃金レベルで働こうとする日本人が減っており、団塊世代をターゲットする介護分野において、一定数の外国人労働者を確保するのは、仕方がないことだと思っている。 建設分野については、東京オリンピック特需が一段落すれば、外国人労働者に依存する必要はないのではないか。 外交的には、日露は領土返還と在日米軍の扱いが争点化、日中においては日本を不愉快にさせることを中共はしなくな…

続きを読む

極右を自称する保守系メデイア不在で本当にいいのか

日本人による日本人のためと称する、愛国保守メデイアがある。 記者は数人、編集責任者は元愛国保守ブロガー。私は、この愛国保守と称するメデイアとせと弘幸ブログの記事比較を続けている。 愛国保守と称するメデイアは、批判を抑制したお行儀良い分析、心構えを得意とする記事が多い。内容的には方法論が欠落している。今のままでは、来年以降も保守ネット界で話題となることはないだろう。引用したくなる記事がまったく見当たらないのである。 批判スキルだけの言論活動はそもそも限界があるということ。 ビジネスの世界でも同様。チェックしかしない、チェックしかできない上司ほど役に立たないものはない。 長らくノンポリだった私から見て、このままでは、「愛国保守が、歴史と伝統に係わる知識、心構えに留まる作法上の世界」と勘違いする方が続出しそうで心配になる。 さて、フランスで起きた暴動事案、あの読売でさえ、デモ参加者の見解を伝える報道があった。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://www.yomiuri.co.jp/world/20181229-OYT1T50081.html?from=ytop_main5「大統領は金持ち優先」仏抗議デモ、7週連続で   2018年12月29日 20時43分 【パリ=作田総輝】フランス各地で29日、マクロン政権に抗議する一斉デモが7週連続で行われた。デモ参加者の一部は既に大みそかや1月のデモ実施を呼びかけており…

続きを読む

言論人について 寸評

渡部昇一が亡くなり1年半が経過。言論界は様変わりした。 渡部昇一が得意としていた歴史分野について出版ビジネス的にチャンス到来ということで、通史本を発刊されている方がおられるが、歴史観としての歴史の虹、歴史研究スキルが伴っているのか、疑問に思う。 やるなら、渡辺惣樹のように、日本の「アメリカ史の歴史学者」たちをごぼう抜きにするくらいの史料準備、スキルを磨くべきだ。 以下、言論人それぞれについての寸評。 ■やや批判的評価 ・古谷経衡 今さら論評するまでもない。以下のとおり。 低能ペテン師!古谷経衡「韓国と中国と朝日新聞の3つが嫌いならネトウヨ、1個で好きならパヨク」 http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7338.html ・上念司 ライバル?三橋貴明の逮捕情報を周知することに執着した人。 ・三橋貴明 純粋に経済のみに限定すべきと思う。重要なテーマで政治ブロガーとしては冷静さを欠いた見解がみられる。 ・ケント・ギルバート 日産のゴーン逮捕事案、検察が恥をかくだろうというコメントに私は納得しない。専門性ある言論人かどうかはっきりしない。 ・西尾幹二 年齢とともに、、、↓。仕方がないことではあるが。 ・百田尚樹 焦ってあれもこれも手を出すべきではなく、コツコツやるべき。 ・武田邦彦 最近の動画をみると、抽象論だらけで、、、 ・水島総 ガス抜き的活動が得意?そもそも結果を出すつもりがない?。 ■一応評価 …

続きを読む

web拍手 by FC2