日本政府は直接手を汚さず、、、某国の衰退を、、、

本稿は1月29日に出稿した過去記事の続編。 まず、過去記事で参照いただきたい箇所がある。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||韓国は瀬取りの証拠を握られ、、、、、 http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1284.html韓国の大統領はどうなるか?・偵察機の活動により、大統領の不正行為、裏切りについての証拠固めが行われ ・思わぬところから一連の情報が洩れ、拡散 ・大統領が弾劾され、、、の事態となるだろうと推定する。最終的に、韓国という国は、米朝開戦以前に、国家機能が消滅?、経済機能、企業機能も朝鮮戦争勃発以前の状態に、平和裏に逆戻りすることになるだろうと予想する。||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| このシナリオどおりで事が進んでいるとすると、昨日のテレビ朝日が先陣を切り、配信された情報は、以下のブログの見解どおり、政権中枢による意図的なリーク?ということになるだろう。―― 参考情報 ――――――――――「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? https://shinjukuacc.com/20190131-04/―――――――――――――――――上記ブロガーは、冷静な対応を読者に呼びかけている。 私は、政権中枢は、「戦略的かつ悪の論理」を以て、意図的にリークしたと読んだ。(詳細後述)なぜテレビ…

続きを読む

実質賃金マイナス → 政府と野党は可処分所得増対策に取り組むべきだ

本稿、野党議員たちが「実質賃金の目減りとの試算を問題視、常に自分たちが政府与党に対し追及できる立場である」と勘違いしていることについての、建設的提言 野党試算によると、実質賃金の大半がマイナスなのだそうだ。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190130-OYT1T50118.html?from=ytop_top実質賃金、実は18年大半がマイナス…野党試算 2019年01月30日 23時11分  立憲民主、国民民主などの野党は30日、毎月勤労統計の不適切調査問題をテーマとした合同ヒアリングを国会内で開き、2018年1~11月の実質賃金の伸び率が大半でマイナスになるとの試算を示した。 厚生労働省は23日、不適切調査問題を受けて再集計した実質賃金の伸び率を公表した。これによると、3、5~7、11の5か月で前年同月比がプラスだった。最もプラス幅が大きかったのは6月の2・0%。 これに対し、野党の試算では、6月と11月を除き、すべて前年同月比でマイナスとなった。最もマイナス幅が大きかったのは1月で、1・4%だった。 厚労省の調査は、前年の17年と18年で対象となる事業所を一部入れ替えている。野党は17、18年を通じて調査対象だった事業所のデータを試算に使った。 厚労省の担当者は、野党の試算について「同じような数字が出ることが予想される」として事実上、追認した。野党は「…

続きを読む

重税感はどこから来るのか

本稿、可処分所得に係わる政府統計に係わる疑問点について述べたもの。 ただし、拙ブログ管理人は、大学で経済学を学んだことはなく、経済統計作業等に係わったことがなく、職業的にエコノミストでもないため、文言表現等稚拙な点があるかもしれないことを最初におことわりさせていただく。 本題に入りたい。 日銀は、2%物価目標達成が遠のいたとしている。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4037894023012019EE8000/日銀、物価見通し3回連続下げ 緩和策長期化避けられず 2019/1/23 20:30日本経済新聞 電子版  保存 共有 その他 日銀の2%物価目標がさらに遠のきそうだ。日銀は23日、3カ月に一度見直す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2019年度の物価見通しを3回連続で引き下げて0.9%に下方修正した。大規模な緩和策は長期化が避けられず、金融機関の収益低下といった副作用への目配りが欠かせなくなる。https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190129-OYT1T50046.html?from=ytop_top景気拡大、戦後最長6年2か月に…月例経済報告   2019年01月29日 11時59分     政府は29日に公表した1月の月例経済報告で、景気全体の基調判断を…

続きを読む

web拍手 by FC2