あの保守派は一体何者なのか

実は、小さい頃近くに住んでいた方で、戦時中のことについて出版活動された、地元の人の素性を調べ始めている。何か匂うというか、敢えて出版した動機が今一つはっきりしないのである。 川崎では、保守、左翼新聞社両方に顔がきく、妖怪?政治屋がいるようだ。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 保守系の重鎮、日本会議神奈川会長 川崎市日韓親善協会会長 公益社団法人川崎港振興協会会長 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2019-09-22.html 斎藤文夫とは何者? この3つであり、肩書以上に川崎市においては保守系の重鎮とされています。先ず日本会議ですが、保守系の右派組織とか右派団体と称されています。しかし、その人物と極左の石橋君が非常に親密な関係にある。  斎藤文夫氏を川崎の保守系は怖がっている。それはこの人物が神奈川新聞の石橋記者と仲が良いので、神奈川新聞社に書かれてしまうからだ。政治家にとって新聞社に悪く書かれたら、それこそ命取りになってしまう。  私を神奈川新聞はいつも差別主義者などと書いて来たが、誰かを生贄として人権無視を続けることにしておいて、他者は「自分がもしもこのようにされたらば・・・」と恐怖感を抱くように考えてのことでしょう。 斎藤文夫と福田紀彦の締め付け http://blog.livedoor.j…

続きを読む

表現の自由について

本稿では、以下の特定の事象について、表現の自由が制限されるべきだという視点からの私見。 ■あの学者は課題に的確に対応し、成果物を的確に表現したのか かつての保守派の長老、リーダー的存在だった、西部邁はどちらかというと批判オンリーの方だった。私よりも少し上の世代の方々は、西部邁を教祖のよう扱っている方が多い。 私の西部邁評はこうである。「西部邁は、若い時分、ビジネス文書形式で要点をA4数頁以内に書かせる訓練を数年間受けるべきだった。そうすれば晩年の評価は高まった」と考える。ともすれば文系学者は、学問の自由という世界の中で甘やかされ?、思いついたことを思いついた順番で書いてしまう傾向がある。 学問の自由とは、やりたい研究のみを追求する一方、やりたくない研究をしなくて済むことである。これは学者に付与された特権である。大学が世の中の役に立たないと言われるのは、やりたくない仕事を避けて通る学者がたくさんいるからではないのか。 対して、官僚や民間企業は違う。上司はおろか、仕事すら選べない。学者とは実にお気楽なお仕事であるように見える。学者集団が言論界の主力であるうちは、たとえ秀逸な言論活動であろうと、やりたくない研究をしなくて済む立場である限り、言論活動上の影響力が高まることはない。 私の場合は、誰もがやりたくない仕事、誰もしたことがない仕事が多かった。お蔭で、ビジネススキルを磨く機会に恵まれた。西部邁の著作のようにダラダラ書くことは許されなかった。 ビジネス文書形式…

続きを読む

医療費上昇 三つの見方

医療費の伸びが続いている。どう見るか。 三つの見方ができるように思う。 ■視点1 医療費単体の伸びが問題だとする見方 単純に、医療費の総額が過去最高を更新したことを問題視する見方である。GDPが上昇しようと、老人ウエイトが高まろうと、医療費総額それ自体が伸びていることを問題視する前提でのコストダウン指向の発想である。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【悲報】2018年度の医療費が過去最高の42兆6000億円 http://military38.com/archives/53850811.html ――――――――――――――――― 基本的にはマクロ指向の分析。老人分の支出の伸び、外国人分の伸び、生活保護受給者分の伸び、高額医療分の伸び、高度先端医療分の伸び、大学付属病院、ガンセンター分の伸びという切り口からの分析となる。 私自身は、外国人分は独立会計とすること、生活保護受給者については高額医療受診の制限、高度先端医療分野における保険適用制限、大学付属病院については外来分のの大幅な機能縮小、ガンセンターは若干分を残し廃止が妥当と考えている。 ■視点2 国際比較・対GDP比率 国際比較、GDPに占める医療費比率から、医療費総額を論じるもの。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| http://www.ringe.jp/civic/med…

続きを読む

web拍手 by FC2