「交通刑務所に入る予定のない者」について運転免許を認めるべきではない

本稿は、運転免許行政に係わる(屁理屈的)提言。



少し前に、居酒屋でガラスコップを投げつけたくらいで現行犯逮捕された事案があった。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.sankei.com/affairs/news/190709/afr1907090004-n1.htm

居酒屋でコップ投げた疑い 埼玉県美里町議を逮捕

2019.7.9 06:37|社会|事件・疑惑

 埼玉県警本庄署は8日、居酒屋で口論になった男性にガラスコップを投げつけたとして、暴行の疑いで、同県美里町議会議員、内田三郎容疑者(67)=美里町古郡=を現行犯逮捕した。

 署によると、「議員を辞めた方がいいと言われて頭にきた」と話す一方で、「コップは投げたが当たっていない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は8日午後8時半ごろ、本庄市内の居酒屋で客の男性(64)と口論になり、ガラスコップを投げつけた疑い。店員が110番し、男性にけがはなかった。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



こんな程度で逮捕されるなら、池袋で起きた死傷事故も、拡大解釈可能なら暴行致傷容疑にしていいだろう。

ガラスコップと暴走車。
ガラスコップを投げ相手を傷つけていない?かもしれないのに逮捕。
一方で暴走車両を運転、歩行者を殺傷し、救護すらしなかった通産OBは逮捕されていない。




どちらが社会的みて逮捕されるべきか?




もちろん、暴走車両を運転し歩行者を殺傷し、救護もしなかった通産OBであろう。

運転免許証を所持し、しかるべき交通事故を起こした場合、その運転者は交通刑務所に入ることが想定されている。

しかるに、池袋にて暴走運転、歩行者殺傷事故を引き起こした、未だ暴走運転した官僚OBは逮捕されていない。

未だ逮捕されることがないということは、常識的に考えると、刑事事件に至らないことを意味する。



一方で、歩行者をはねた運転者は、全国的に次々と逮捕されている。
私は、運転免許行政の欠陥を指摘せざるを得ない。



東京警視庁の判断だけが問題であるという見方があるかもしれない。

ならば、提言せざるを得ない、

池袋の事件運転者が逮捕されず、その他のケースで逮捕されるのであれば、逮捕を想定しない人は一旦すべて運転免許証を無効化するか剥奪すべきと考える。

運転免許証保持者の中で
①90歳前後の人、②官僚OBの人、③勲章を貰った人、④政治家にコネが効く人、いろいろいるだろう。

逮捕しないなら、逮捕しない条件を運転免許行政の方針として、事前に明示すべきである。
明示しないなら、①90歳前後の人、②官僚OBの人、③勲章を貰った人、④政治家にコネが効く人すべてから、運転免許証を剥奪すべきと考える。

私の提言は、暴論であろうか?

むしろ、逮捕要件を明示せず運転免許行政上の特例が存在しているとみられることに問題があるのではなかろうか?

警察として、あの暴走事故を起こした通産OBを逮捕しない方針であるなら、①90歳前後の人、②官僚OBの人、③勲章を貰った人、④政治家にコネが効く人すべからく、運転免許証を剥奪すべきとの見解に至るのである。


以上

この記事へのコメント

web拍手 by FC2