参議院選挙 「政権が投票日直前に放つ勝負手」に期待する!

案の上、韓国は日本が求めた期限までに回答せず、仲裁委員会の開催を拒否した。

―― 参考情報 ――――――――――

徴用工判決での仲裁委、韓国また開催拒否 第三国選定期限
https://www.sankei.com/world/news/190718/wor1907180016-n1.html

―――――――――――――――――




国際法を遵守しない国に対し、我が国も韓国との取り決めを守る必要がなくなった。服役中の在日、生活保護受給の在日、反日政治活動している在日から半島(北でも南でも)お帰りいただく処置が実施可能となった。



さて、今回の参議院選挙、保守陣営(団体関係者、言論人、ブロガー)において、投票予定先について言及せず、様子見を決め込んでいるケースが続出しているようだ。
拙ブログのように、告示日の時期に、支持政党、全国比例候補を表明するのは極めて稀。一様に、今回の選挙で支持する政党について沈黙している。奇異なことだ。

―― 参考情報 ――――――――――

今回参議院選挙での拙ブログのスタンス
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/467666235.html

―――――――――――――――――

支持表明した事実は、和田政宗事務所に連絡済み。
和田政宗候補が当落線上にあり、次世代の党出身であることから、何としても当選いただきたいと思っている。



政治に強い関心を持つ人が、重要な選挙で支持政党を表明しないことは、本来あり得ないこと。
選挙結果に大きな変動はないとみているか、自民党が消費税増税を表明したことで弱気になっているか、政権が消費税増税表明したことで納得できない選挙と位置づけいるのではないか。

ひょっとすると、消費税増税表明=選挙戦に悪影響という、反日マスコミの論理に嵌められているのではないか。
政治に関心ある人なら、支持政党、支持する候補者、支持する理由について表明する。当然の事ではないか!




拙ブログは、政権は、消費増税を表明する一方、携帯電話料金引き下げ、再エネ賦課金等、消費税増税緩和策に取り組んでいることを評価した。

地方議員では、鈴木信行、小坪しんやが、自民党和田政宗候補支持を表明している。

―― 参考情報 ――――――――――

出会い系JK貧困調査の前川喜平元事務次官が鈴木信行批判?韓国人の入居拒否増加って本当?
https://ameblo.jp/ishinsya/entry-12494922022.html

【重点支援候補】和田政宗、投票方法は”2枚目”に名前を書く。【必勝を願う人はシェア】
https://samurai20.jp/2019/07/wadamasamune-3/

―――――――――――――――――

弱小政党議員、無所属議員にとって、参議院選挙にて自民党候補支持を表明することは勇気のいることである。ただ、この種の支持表明は、自身の力だけではどうにもならない政策(マスコミ規制、女性宮家問題など)について、選挙後、対自民党に対し、意見、要望、陳情等の窓口が確保しやすくなることを意味する。対照的に、日本第一党は参議院選挙に関心がない。これでは、政権との窓口も確保できまい。



政権は、参議院選挙にタイミング的にぶつけるような形で、安全保障上の理由から韓国に対する輸出優遇措置撤廃を表明した。

拡大解釈すると、政策の重要度を
安全保障上の理由≒憲法改正>>>消費税増税
と位置づけることが可能である。一般的な世論動向での認識とはことなるが、政権が選挙直前に、安全保障上の理由と語ったことは、政治的にこういう意味を持つ。

1965年の日韓基本協定締結以降、米韓の狭間で日本だけが韓国に対する妥協と一方的な協力を押し付けられ、結果、韓国は図に乗り、都合が悪い状況になると韓国はアメリカを頼った結果、日本はアメリカからの指令で対韓外交的に何度も忍従を迫られた。そのうちに中韓から歴史認識問題、アメリカからは捕鯨問題を吹っ掛けられ、日本は外交的に叩かれ続けた。
捕鯨問題で日本批判するクリントン大統領の表情は、日本いじめで快感に浸っているように見えたものだ。




それでも、日韓合意、安倍談話の時期から、歴史認識問題について、安倍政権は外交的に優位なポジションをとりつつある。
その安倍政権が、選挙直前に、安全保障上の理由から韓国に対する輸出措置を見直すということは、今回の選挙の争点について、保守層に限定して安全保障(憲法改正)を最重要公約として扱って欲しいとするシグナルが発信されていると解する。

―― 参考情報 ――――――――――

消費税増税が避けられない訳  日米韓・北朝鮮と「国際金融資本」の関係 
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/467704509.html

なぜ今になって韓国の密輸出問題が表面化するのか?
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/467863370.html

―――――――――――――――――

加えて、今年は、年初から戦後外交の転換点と判断しうる出来事が相次いでいる。

―― 参考情報 ――――――――――

今年は戦後外交史の転換点となる年となることが確定的!
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/467683794.html

―――――――――――――――――

戦後外交史の経緯を振り、今年が外交上の転換点となる重要な年であると認識するならば、「増税の影響を最小限とする施策とセットとなった消費税増税表明」に不満を募らせるのは、進んで反日マスコミの術中に嵌ることを意味する。




政権が、戦後のどの政権よりも外交活動により世界の大国として認識される状況にあり、かつ、今年は戦後外交史上の転換点、日韓外交については断交開始の年と位置づけるならば、安全保障対策について細心の注意を払いつつ、参議院選挙にて引続き改憲議席獲得を目指している政権に対して、保守層一人一人が、政権の取り組みについて強く支持表明しなくていいのであろうか。




政権は、私の見立てどおりに事が進めば、7月18日の徴用工第三者委員会開催に係わる回答期限までに韓国からの回答がないことを根拠とし、参議院選挙対策の勝負手の位置づけで「最後の矢」を放つはずである。

おそらく、本日昼頃に!私はこの「最後の矢」にひそかに期待している!!!




「選挙で大勝するために、政権が放つ最後の矢」、それは我が国にとって戦後屈辱的な関係を強いられた、日韓外交総決算に向けた「号砲」であり、同時に日韓断交(冷却化)の「シグナル」となる。

すなわち、李明博大統領時代から日韓断交を主張してきた保守層は、今回の参議院選挙について無反応でいいはずはないのである!


以上

この記事へのコメント

  • カオル

    「政権が放つ最後の矢」に注目しています。

    貴ブログ最新記事にある「選挙で大勝するために、政権が放つ最後の矢」とは何か。本日、2019年7月19日の、正午以後のニュース・報道を見守って参ります。
    2019年07月19日 05:30
  • カオル

    勝負手とは、「国際司法裁判所への提訴」でしょうか

    ------------------------------------------------------------
    韓国最高裁判決問題 我が国は粛々とやるべき行動を | 参議院議員 和田政宗オフィシャルブログ Powered by Ameba
    https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12495549344.html

    仲裁手続き韓国無視で 国際司法裁判所へ提訴も - FNN.jpプライムオンライン
    https://www.fnn.jp/posts/00421035CX/201907182104_CX_CX

    「日韓紛争」は場外へ!日本はICJに、韓国はWTOに提訴へ!(辺真一) - 個人 - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20190718-00134680/
    ------------------------------------------------------------
    2019年07月19日 07:58
  • 市井の人



    >カオルさん
    >
    >「政権が放つ最後の矢」に注目しています。
    >
    >貴ブログ最新記事にある「選挙で大勝するために、政権が放つ最後の矢」とは何か。本日、2019年7月19日の、正午以後のニュース・報道を見守って参ります。

    私の見立てですが、政権中枢は勝負手について議論しているはずだと思います。でなければ、選挙する意味がないからです。措置として、原子力協定停止の可能性があります。前回は戦略物資でしたが、次はエネルギー分野に関することであろうと推測します。
    ただ、一方で、そういう施策を投票日直前に発表することを政権中枢は逡巡している可能性も十分にあります。
    そういう意味で、拙ブログは首相や閣僚の決断を促していることになるでしょう。
    2019年07月19日 08:13
  • 市井の人



    >カオルさん
    >
    >勝負手とは、「国際司法裁判所への提訴」でしょうか
    >
    >------------------------------------------------------------
    >韓国最高裁判決問題 我が国は粛々とやるべき行動を | 参議院議員 和田政宗オフィシャルブログ Powered by Ameba
    >https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12495549344.html
    >
    >仲裁手続き韓国無視で 国際司法裁判所へ提訴も - FNN.jpプライムオンライン
    >https://www.fnn.jp/posts/00421035CX/201907182104_CX_CX
    >
    >「日韓紛争」は場外へ!日本はICJに、韓国はWTOに提訴へ!(辺真一) - 個人 - Yahoo!ニュース
    >https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20190718-00134680/
    >------------------------------------------------------------

    国際司法裁判所事案なら、竹島問題を含め、2件提訴するならやる価値があるでしょう。
    国際世論対策上、悪いのは韓国であるという情報拡散につながります。
    2019年07月19日 08:15
web拍手 by FC2