法務省が対日ヘイト行為をやめない国籍の人を対象に取り組むべきこと

法務局の外局、入国管理庁が、在留資格取消し件数倍増となったことを発表した。



フェイクニュースが多い共同通信のニュースなので、法務省HPのプレスリリースで当該情報がないか探してみたがなかなか見つからない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://this.kiji.is/536636306756142177?c=44341039600582657

在留資格取り消しが倍増、入管庁

18年832件、管理厳格化

2019/8/21 05:00 (JST)
©一般社団法人共同通信社

在留資格取り消し件数

 出入国在留管理庁は21日付で、入管難民法に基づく2018年の在留資格取り消し件数を発表した。管理を厳格化した新制度適用や取り締まり強化で、過去最多だった前年の385件から2倍以上の832件へと大幅に増加した。資格別では「留学」が172件から412件に、「技能実習」が8件から19倍の153件に急増。この二つで全体の7割近くを占めた。

 来日外国人を巡っては、就労目的と知りながら留学名目で受け入れる教育機関の存在や、低賃金や長時間労働を理由に技能実習生の失踪が相次いでいることが社会問題になっている。政府は悪質な教育機関や実習生受け入れ先の排除を進める方針。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



斜めに読めば、もっと早くやるべきことを入国管理庁発足したので、仕方なく少し厳格化したということ。

ヘイト法啓蒙活動にウンザリしている私からすれば、これでもまだ手抜きしているように見える。法務省の官僚たちは、対日ヘイト行為が無制限に許される、韓国人のことまでヘイトの対象としてはならないとして、国内的にはさらに徹底して啓発活動を続けたいように見えるのだ。

―― 参考情報 ――――――――――

韓国人が日本大使館前でやってる事がマジキチだと話題に
http://hamusoku.com/archives/10096981.html

【ヘイト】韓国の中学生たちが日本へメッセージ「日本は悪魔の国」「ジャパンモンキーズ!」
https://hosyusokuhou.jp/archives/48858218.html

―――――――――――――――――




韓国では国民各層が日本に対し、無制限なヘイト行為が常態化している。これに対し、法務省はヘイト法を法制化、啓発活動までしている。法務省の管轄外だが、反天連デモも禁止されることはない。

従って、ヘイト啓発活動は税金の無駄遣いだったと言わざるを得ない。




法務省は、対日ヘイト行為をやめない韓国に対し、国内的にすべきことがあるはずだ。対策として以下に述べさせていただく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

法務省が、対日ヘイト行為を止めない韓国人(在日含む)に対して執るべき措置


・入国審査の際、韓国人についてヘイト行為しない、政治活動しない旨の誓約書を書かせること(反論する者は、入国拒否)

・対日ヘイト行為は、入管法上、政治活動と解釈すること

・国内での外国籍の人による対日ヘイト行為は、政治活動であるとして在留許可を取り消すこと

・韓国人の入国審査を厳格化すること(入国、出国時における手荷物検査等)

・対日ヘイト行為を行う在日を国外追放すること

・韓国等での対日ヘイト行為に対して、国内で行ったように韓国に対して啓発活動を行い、予防に努めること

・韓国籍の在留者、特別永住者に対し、ヘイト行為に係わる調査活動を実施すること(かつて、公安調査庁が在特会の街宣活動を録音、ヘイト法法制化の裏付け資料として転用した事実がある?)

・帰化人の通名使用、通名変更について、インターネット官報等で告示すること
http://www.sincere-intl.com/column_kika/%E5%B8%B0%E5%8C%96%E3%81%AE%E8%A8%B1%E5%8F%AF%EF%BD%9E%E5%AE%98%E5%A0%B1%E5%91%8A%E7%A4%BA%EF%BD%9E.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




法務省に対し、いろいろ不満はある。
しかし、はっきり書かないと何も変わらないことは確かである。




さて、反日侮蔑活動については、戦前も満州事変の頃から中国で続発したが、資金源であるスポンサーがいたことが知られている。




韓国の現政権での、反日ヘイト活動、スポンサーは誰であろうか?活動資金の原資は何なのか?

フッ化水素横流しビジネスの視点で眺めてみたい。
ひょっとすると、サムソンが使用するということにして輸入手続きを行い、一部、第三国にフッ化水素を横流しし、法外な値段で第三国に売りつけ、莫大な利益を得た政府組織があるのではないか。
横流しした組織はもちろん情報工作機関。情報工作機関なので、肩書上は民間人でもC○Aエージェントであり、KC○Aと兼務状態ということ。(韓国内においてはもちろん、日本国内でも誰も逆らえない、数々の特権を有する?)

では、横流しで得た莫大な利益を何に使ったか?
ひょっとすると、慰安婦活動、徴用工問題などの対外工作資金に充てたのではないか?
アメリカのマスコミが、日本政府が妥当な政府見解を示してもなお、韓国寄りのスタンスなのは、韓国の工作資金が流れているとしか考えられない。
国家予算的に潤沢でなく、主要企業の決算が赤字化する中で、横流しビジネスが生む裏金が、対日工作活動の原資になりやすいということである。




経済産業省が、安全保障上の理由で輸出管理を強化するという言葉に、「フッ化水素横流しビジネスで得た裏金が各方面で対日工作資金として活用されている」、という意味が含まれると解釈するのである。

以上

この記事へのコメント

web拍手 by FC2