対韓世論戦 国内対策を放置するな 

どうやら、フッ化水素輸出管理強化の影響が第三国に出始めたようだ。

―― 参考情報 ――――――――――

イラン、ウラン濃縮20%見送り!日本政府の韓国へのフッ化水素の輸出管理の見直しが影響との観測
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7619.html

―――――――――――――――――




イラン石油との物々交換なら、ありえる話である。得た石油を北朝鮮に瀬取りさせてきたということ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フッ化水素とイラン石油と物々交換(国内向けに流通させるとともに、一部北朝鮮向けに瀬取りさせる)
フッ化水素を北朝鮮などに横流し(利益は裏金化)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フッ化水素は一粒で二度美味しい商材だったようだ。

韓国政府は、テロ輸出国に対する、フッ化水素などを扱う闇の総合商社みたいな存在。
扱うのは、国家機密であるがゆえに、諜報機関(KC○A)であることは言うまでもない。




つまり、韓国政府が係わる、世論戦すべて、諜報機関が係わっているとみなくてはならない。韓国の与党国会議員すべて韓国の諜報要員とみて差支えないかもしれない。




これに対して、日本政府の対応は「事実発信強化」レベルに留まっている。

―― 参考情報 ――――――――――

日本、冷静な対韓「世論戦」 虚偽・曲解の対日批判に事実発信強化
https://www.sankei.com/politics/news/190914/plt1909140010-n1.html

―――――――――――――――――

閣僚個人レベルで「声を出し始めた」議員はいる。が、岸田政調会長のように、ニタニタしながらダンマリしている議員もいる。岸田が首相になったら、韓国の諜報戦術に嵌められるのは明らかだ。
その前提で、韓国との世論戦の前提での国内対策を検討しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

韓国との世論戦対策(案)

第一段階
・政治活動している在日について、再入国禁止とすること
・政治活動目的の韓国人の入国を認めないこと

第二段階
・韓国人のビザ免除廃止
・在日の強制送還(慰安婦問題、強制連行、徴用工等の政治活動に関わるもの)
・偽計業務妨害罪の適用

第三段階
・政治活動している韓国人、帰化人について、強制退去、帰化人について帰化取り消し等の措置を取ること
・外患罪の適用
・有事事案を想定し、政治活動している韓国人の逮捕・処刑手順のマニュアル化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の論説主幹が、狂ったように、韓国側のスタンスに立ち、社説を書いているのは、なぜであろうか?
マスコミがミスリードすることで、在日が国内で政治活動しやすくするためであろう。

すなわち、マスコミ記者は自分たちが逮捕されることはないという前提で、在日の政治活動を煽っているのである。
ひょっとすると、日本のマスコミ関係者は、電通含めて、KC○A要員という裏の肩書を有しているのかもしれない。

そう考えると、韓国との世論戰を意識するということは、韓国寄りに立つ、マスコミ関係者の素性、諜報機関のエージェント対策をするということを意味する。

歴史的に、日本はスパイ天国であると言われてきた。この言葉が意味することは、韓国人スパイは、C○A要員であると同時にKC○A要員だったと見立てなくてどうするのか?ということになるのである。


以上

この記事へのコメント

web拍手 by FC2