共産主義政党が抱える矛盾

本稿では、日本共産党、中共、ロシアなどの共産主義体制の実相について、いくつかの視点から述べさせていただく。





■そもそもリベラル派はどういう嗜好なのか?

「日比野庵本館」から興味深い一文があるので、引用させていただく。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

6.サヨクは好色で猟奇的
https://kotobukibune.at.webry.info/201910/article_2.html

映画のレビューにおいて、保守系レビュアのみが複数レビューし、且つ彼らの平均評点が高い映画を保守派が好む映画、リベラル系レビュアのみが複数レビューしており且つ彼らの平均評点が高い映画をリベラル派が好む映画と定義して分析したところ、保守派は人間ドラマを好み、リベラル派は好色的内容や猟奇的内容の映画を好む傾向があったというのですね。

そして更に、それぞれのカテゴリの映画の解説文を機械学習にかけると、リベラル派が好む映画に「殺す」「誘う」「事件」などの表現が偏って多く見られるのだそうです。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

革命を好むということは、日常的に血生臭い出来事を好むということなのであろう。





■日本共産党の長老不破哲三はペンネームだった

政党幹部名がペンネームであることについて、私は納得がいかない。
保守層の中には、在日の通名使用について問題視される方がおられるはずだが、それよりも何よりも先に、国会議員のペンネーム使用を禁じる法改正を陳情・請願すべきである。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%A0%B4%E5%93%B2%E4%B8%89

不破 哲三(ふわ てつぞう、1930年1月26日 - )は、日本の政治家。日本共産党中央委員会常任幹部会委員、党付属社会科学研究所所長。前党中央委員会議長。元衆議院議員。“不破”はペンネームで本名は上田 建二郎(うえだ けんじろう)。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||





■共産党幹部は、なぜ破格の給与で豪邸住まいが可能なのか?

不破哲三の場合、経歴的に、共産党以外の職に就いたことがない。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%A0%B4%E5%93%B2%E4%B8%89

不破哲三

1930年(昭和5年)教育評論家の上田庄三郎の次男として東京府豊多摩郡中野町(現・東京都中野区)に生まれる。
1947年(昭和22年)日本共産党に入党する。
1953年(昭和28年)東京大学理学部物理学科を卒業して、鉄鋼労連(現・基幹労連)に書記として就職する。
1964年(昭和39年)日本共産党中央委員に就任する。
1969年(昭和44年)衆議院議員に初当選する(東京都第6区、1996年の小選挙区制導入以後は比例東京ブロック単独で、連続10回当選)
1970年(昭和45年)日本共産党書記局長に就任する。
1982年(昭和57年)日本共産党幹部会委員長に就任する。
1987年(昭和62年)日本共産党中央委員会副議長に就任する。
1989年(平成元年)日本共産党幹部会委員長に再任する。
2000年(平成12年)日本共産党中央委員会議長に就任する。
2003年(平成15年)衆議院議員を引退する。
2004年(平成16年)日本共産党常任幹部会委員・日本共産党中央委員会付属社会科学研究所所長[5]。
2006年(平成18年)日本共産党議長を退任する。日本共産党常任幹部会委員留任[6]。
2010年(平成22年)日本共産党常任幹部会委員・日本共産党社会科学研究所所長[7][8][9]
2014年(平成26年)日本共産党常任幹部会委員留任[10]。
2017年(平成29年)日本共産党常任幹部会委員留任[11]。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

なぜ、破格の給与が得られ、豪邸に住めるのか?
蓄財できるカラクリがあるようだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.sankei.com/smp/premium/news/161029/prm1610290015-s2.html

幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

Q5 共産党職員の給与は平等じゃないんですか。不破さんはなぜ豪邸に住んでいられるのですか

 A5 「日本共産党の謎」の筆頭が最大のカリスマ=前議長の不破哲三氏の、神奈川・津久井湖近くにある敷地千坪の豪華山荘暮らしですね。不破氏も党本部職員になる前の新婚時代(半世紀以上前)は、都営団地に住んでいた薄給のプロレタリアート(無産階級)状態で、どうやって蓄財したのか想像もつかないでしょう。

 秘密は二つ。一つは、党の一般職員と幹部の給与格差です。党中央の頂点に近い常任幹部会委員になると年収で最低1000万円以上が保証され、中央委員以上の医療費自己負担分は「党幹部の保全のため」との趣旨で党中央財政部が支払ってくれます。若い職員が「ワーキングプア」並みの薄給、地方の党職員は遅配欠配がザラであることを考えると破格の待遇です。

 もう一つは著書の印税。「実績と能力がある」中央幹部は著作を出版し、印税は個人で受け取れます。党内には「幹部の印税は中央財政に繰り入れられる」と説明していますが、ウソ。不破氏の著書は党機関紙「赤旗」でどんどんタダで宣伝し、党員に購買を煽る一方、少ない一刷分の印税を党に寄付したら、二刷分以降の印税はすべて著者の懐に入ります。筆者の調べでは現職衆議院議員時の不破氏の印税収入は年間900~1500万円!(資産報告書の閲覧による)。最近も著書刊行は盛んですから、かなりあるでしょう。日常生活のために党職員が常時5名、不破家に宿泊体制で配置され、運転手付き乗用車や洗濯・炊事まで不破夫妻の暮らしは党丸抱えです。この上、高額給与と印税を手にすれば、暮らしは富裕層並み。もっとも不破氏のカリスマ性あってのことで、志位委員長のお宅は公団分譲マンションですよ。

――――――――――――――

日本共産党の七不思議…不破哲三前議長の大豪邸住まいと”芸名使用”が話題に
https://news-vision.jp/article/188154/

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

不破哲三の現在の肩書は日本共産党中央委員会常任幹部会委員である。
志位委員長は、議員引退した元議員の部下であるように見える。どこかの、老人支配の自治会組織と似ている。





■共産党書記長はなぜ長期間続けられるのか?

党内部で、とても選挙とは言えないレベルの(選挙と称する)手続きを得て、再任されているとの説がある。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.sankei.com/smp/premium/news/161029/prm1610290015-s2.html

幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

Q4 志位和夫さんは長く委員長をしていますが、役員に任期はないのですか

 A4 党規約では、党員は大会の代議員や指導部たる役員を「民主的に選挙」するとされています。しかし、実際は所属する党組織(末端は党員3人以上の党支部)の一級上の党機関に関する代議員や役員しか選挙できません。「立候補」も認められていますが、代議員や役員の候補は党機関執行部があらかじめリスト化し、選挙ではこのリストに◯付けする信任投票がされます。事実上、指導部主導の根回しで決まるということですね。
<< 下に続く >>
 こうした形を何段階か繰り返して選ばれた代議員たちが2~4年に一度開催される全国的な党大会で中央委員会の役員を選出します。支部、地区党会議、都道府県党会議で各執行部によるリスト化でふるいにかけられてきた代議員に、党中央へ批判的な者が入っている可能性は、ほぼゼロです。

 党大会に提出される中央委員会の候補者リストも最高指導者たち(志位委員長や副委員長たち、小池晃書記局長、なぜか不破哲三社会科学研究所長)が決め、代議員は◯付けの信任投票をするだけ。全国レベルの会議では代議員はリストの役員候補者を個々には知りませんから、執行部への信頼を根拠に機械的に◯付け投票し、晴れて全員信任となるわけです。

 更に最高指導者たちの意のまま選ばれた中央委員の最初の会議でこれもあらかじめ根回しされたメンバーがその上の幹部会委員として口頭で推薦され、拍手で承認。次の幹部会委員の最初の会議でも同じ繰り返しで最高指導者の最側近集団である常任幹部会委員(21名前後)を選出…。

 結局、すべてがトップとわずかな側近たちで決められているのです。健康を壊したり、上級の不興を買わない限り、党役員に再選を妨げる規定はありません。党のトップは自分を含め、お気に入りの役員を事情が許せばいつまでも再任させることができます。

 幹部の退任や降格は、何らかのトラブルや「抗争」があってのことです。故宮本顕治氏の議長からの退任も「知的後退が見られる(ボケた)」とつぶやいた不破氏によるクーデター的な強硬措置で行われたことが元党ナンバー4の筆坂秀世氏の著書「日本共産党」(新潮新書)で明らかにされています。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||



プーチン体制における選挙実態はこうなっているそうだ。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

プーチン幻想
グレンコ・アンドリー

77~78頁
都合の悪い野党候補者を立候補させない
ロシアの上院はもともと仕組み上、野党のメンバーが議員になれない。まず、選挙における不正が日常的な出来事となっている。選挙管理委員会は政権にコントロールされており、本当の投票結果を政権が気に入らない場合は、結果を記入する用紙に嘘の数字が書かれる。
都合の悪い野党候補を立候補させないことも、日常的な出来事である。基本的な手段として、立候補のために選挙管理委員会に提出した書類に不備がある、という口実が使われることが多い。もちろん、候補者はまじめに選挙の準備をしているので実際は不備などありえないことだが、政権に完全にコントロールされている選挙管理委員会はそういう風に言い張る(ごく稀に、地方議会では野党議員が一人くらいいることもある。)

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

日本共産党の役員人事は、ロシア共産党と似たような次元の選挙システムであるようだ。悪くとると、万が一与党になった場合、日本の選挙システム(公職選挙法)を改悪しないと維持できない組織体制である。

中共の習近平は憲法改正し、自身の任期撤廃を実現した。

―― 参考情報 ――――――――――

中国、習主席の任期制限を撤廃へ 2023年以降も
https://www.bbc.com/japanese/43193866

―――――――――――――――――

共産党一党独裁での改憲は何を意味するか。日本共産党だって、今は護憲だが、政治支配状況が変われば、改憲勢力に豹変するのではなかろうか。





■共産党は分派を許さない

「民主集中制」なる概念が、日本共産党の鉄則として規定されている。日本の共産主義者にとっては、日本国憲法よりも重要視される、教義的解釈であると読める。

||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||

https://www.sankei.com/smp/premium/news/161029/prm1610290015-s2.html

幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

 Q6 共産党の「民主集中制」って、本当に民主的なんですか

 A6 正式には民主主義的中央集権制といって「ソ連の国父」レーニンが革命党の規律として導入したものです。全体方針は党員が民主的に討議して決定し、多数決で決めたことには意見の違いを保留して全党員が従うこと、上級機関の指導に下級組織や党員は従うことなどが厳密に決められ、党員同士が横の連携をとってはならないことが「分派の禁止」として強調されています。派閥やグループが競い合う自民党や民進党の総裁選、代表選なんて共産党にはあり得ないですね。

||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

党解釈教義的に分派禁止であることは、政府与党となった場合、憲法が定める、集会の自由・結社の自由・表現の自由を否定可能であることを意味する。
すなわち、他党からみて憲法違反の疑いがある「民主集中制」解釈?の可能性がある。
日本共産党は、政府与党となった場合、護憲を維持するのであろうか?プロレタリア独裁を強化するために、改憲を目指す可能性は十分にある。そのための口実として、「民主集中制」が規定されているのではないか?
なお、自民党議員であり、分派指向の石破某が、共産党に所属した場合、真っ先に〇〇されることは疑いようがない。





■そもそも共産主義なる思想に騙される方が悪いのではないか

「1852年、マルクスがエンゲルスに送った手紙の中で)「労働者ほど完全にバカな存在はない」と述べている。資本家による労働者の搾取を糾弾した「資本論」の著者マルクスは労働者をバカと呼び、軽蔑している」とする一文があること、ご存じであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

エンゲルス宛ての「マルクスの書簡」に書かれているとんでもないこと
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

―――――――――――――――――

ここで言う「労働者」とは、各国の共産党関係者ならびに共産主義者と読み替えることがかのうである。
加えて、「マルクス自身が、マルクス主義者ではない」ことも認めている。マルクスは、人々を洗脳し、騙したのだ。



何のために、、、

―― 参考情報 ――――――――――

ユダヤ72~巨大国際金融資本がロシア革命を支援
https://blog.goo.ne.jp/khosogoo_2005/e/c3e307d2328ac4572db7ad229854e3a5

―――――――――――――――――

スポンサーが居て、そうかけば金が貰えたからであろう。




私は、そもそも共産主義者ではない。理系ではあるが、大学の図書館で、マルクス、エンゲルス、レーニン、毛沢東などの本をさらっとだが読んだ。無政府主義者の本も読んでみた。孫文の本もさらっとだが読んだ。まったく得るものがない感じである。




彼らの主張は、総じて、自分たちの都合良い、社会体制実現のための主張である。
日本共産党が掲げる護憲とは、選挙戦略上のポーズである疑いが強いということ。
中共の習近平は憲法改正し、自身の任期撤廃を実現した。
習近平は、南シナ海を内海化した後、今は香港を併呑しつつある。目的は何か?香港市場を手に入れることで中共経済を、、、ということである。

ゆえに、共産主義が妥当な思想とは思えないのである。
日本共産党は、政府与党になれば、習近平のように、改憲するのであろうから、護憲のポジションを選ぶこと自体、無理がある。

純朴かつお花畑思考の有権者を騙すようなことはやめるべきだと言いたいのである。

以上

この記事へのコメント

web拍手 by FC2