自分で分析・判断しようとしなくなるとどうなるか?

拙ブログは、①テレビを視聴しないこと、②新聞や言論人を当てにせず言論人の信者とならないこと、を通じて、自分で分析・判断することを基本的に推奨している。 現実社会は、トルーマンとダレスの予言のとおりになっている。 ―― 参考情報 ―――――――――― トルーマン「猿(日本人)をバカに変えて我々が飼い続ける」 https://ameblo.jp/damedamewanko2/entry-12418438163.html ――――――――――――――――― トルーマンは、スポーツ、映画、セックスを通じて日本人を飼いならすべきだとした。 しかし、現実には、アメリカ社会もそうなっている。 過去二十年くらいの間に、二つ追加されたものがある。 何であろうか? それは、非日常化した世界で金品を浪費する、デイズニーランド現象とYUTUBE動画である。特に、女性諸君、デイズニー世界の虚構の誘惑から早く脱すべきだ。 ひょっとすると、支配層は、映画の代わりにYOUTUBEを位置づけているかもしれない。 流行とは、各国の民族を支配する目的で編み出されたと疑う態度は必要である。 ここで、瀬戸弘幸ブログ記事を参照しておきたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 古谷経衡さんの「若者は知性が低い」 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53337702.h…

続きを読む

感覚を狂わされないために必要なこと

岡崎久彦は、分析者は、外乱を避ける生活態度であるべきだとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 国際情勢の分析方法について http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/471353124.html ――――――――――――――――― 同時に岡崎久彦は、共産主義国からの情報が極端に少ないことを指摘した。 理由は二つ挙げられる。共産主義国そのものが情報統制徹底し、情報を発信しなかったこと。 もう一つは、仮に得られた情報でも、アメリカやイギリスのユダヤ支配のマスコミ・通信社が、その情報をなかったことにした(不報道ということ)ことが考えられる。 私は、後者を特に疑っている。 日本では、民主党政権発足前後の時期、民主党に都合悪いこと、中韓に都合悪いことは不報道状態が相次いだ。それと同様のことが、ユダヤ支配のアメリカやイギリスにおける言論空間において、先行して発生していたのではないか。 アメリカのマスコミにおけるトランプ叩き報道が日常的に発生していることと、麻生政権時代の自民党叩き報道、これらは、同根の現象なのではないか。 私は、(ドイツ語はできないが)ドイツのマスコミに期待している。かつて、パナマ文書の発信源が南ドイツ新聞であったことはご存じのことと思う。 さて、ネットで話題の言論人、篠原常一郎が、デヴィ夫人と北朝鮮との関係を暴露した。 ―― 参考情報 ―――――――――― …

続きを読む

国際情勢の分析方法について

本稿は、国際政治情勢等分析上、これは役に立ちそうだと思うノウハウ情報を再編集したもの。 ■情報源としては、秘密情報よりも公開情報を優先 馬淵睦夫、岡崎久彦の見解が参考になる。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 馬淵睦夫が読み解く2019年世界の真実 いま世界の秩序が大変動する 149~150頁 これまで本に書いてきたことも、本書で述べていることも、すべて公開情報を私の世界観でつないでいったものです。国際情勢で何か動きがあったら、必ず裏がある。だから、常に結果から原因を類推すればいいのです。つまり、目の前に出ている結果によって、誰が得するかということから、論理的に考えていけば原因もわかるわけです。 前述したイギリスにおけるスパイ謀殺未遂事件にしてもそうです。一番損したのはプーチンです。一番損する人がやるはずがないと、われわれの常識で判断できるだけです。 秘密情報などというものを無批判に信じてしまうと、デイスインフォメーションに引っかかる危険があります。飛び交っている秘密情報と称するものにからまれると、情勢判断を誤まるのではないかと思います。つまり、秘密情報には真実を隠蔽するための「偽旗作戦」の側面もあることい注意が必要なのです。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 馬淵睦夫は、肝心な箇所、上記でいうと…

続きを読む

web拍手 by FC2