韓国との外交戦・歴史戦・貿易戦に完全勝利するために

本稿は、日韓において、韓国側が仕掛け、日本側が付き合わされる、外交戦、歴史戦、貿易戦について完全勝利するために、これまで見落とされてきたことについて述べさせていただく。 ある動画をご覧いただきたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 2019/09/17 日韓基本条約廃棄か、クーデターか? チュチェ革命成就に向かう韓国 https://www.youtube.com/watch?v=JfC2lzjMFMI ――――――――――――――――― テレビニュースが報道すべきレベルの内容である。テレビニュースは切り貼りが酷いという理由から私はまったく見ないが、この内容なら、満足する。 古是三春なる人物について、私は知らない。プロフィールはこうなっている。 「古是三春こと篠原常一郎。1960年、東京生まれ。日本共産党専従や国会議員秘書、党追放後は民主党衆院議員政策秘書など歴任しながら、執筆講演活動。現在はジャーナリストに専念。海外渡航は東アジア中心に数百回。」 共産党に被れていた時期について正直に語る点、動画内容的に満足するレベルにある点は評価する。が、立ち位置として朴槿恵支持派と繋がっており、在日問題については同情的なスタンスの方のようである。(行間を読み取っていただきたい) 本題に入りたい。 ■韓国人の弱点は何か 慰安婦問題に関わる、歴代政権の韓国政府の言い分を振り返ると、おぼろげながら見えてくる…

続きを読む

世代間の「道徳観」の違い

道徳に関しては、老人世代と若者世代の比較となるが、(インテリ階層に限定すると)若者世代の方が、言われなくてもきちんとやっているような気がする。 たとえば、登山マナーに関しては、圧倒的に、山岳会幹部等、老人たちのマナーの方が問題だと思うことが多い。登山道入口で繰り返される、焼肉パーテイなどは論外。最近、参加したボランテイア活動を支える中心世代は、圧倒的に50歳以下。 若者を批判するのが好きな老人世代は、自ら行動で手本を示すべきと思っている。 私は、そもそも「道徳」について語ることは好きではない。道徳は、他人に強制するものではないし、自ら模範を示すほどの人物でもないと思ってきたからである。 さて、都知事で辞職することになった、猪瀬元都知事については、一般的には、もともと思想的に左翼だったとする評価が主流である。 猪瀬直樹は保守の顔をした左翼だった http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1680.html ――――――――――――――――― 上記記事、全共闘時代の生態を知らない人には、いささか難しい書きぶりである。簡単に書くと、この世代の相当数の人たちは、見えないところでちょろまかし行為を平気でするのである。猪瀬知事も同じ感覚でついついやってしまい、暴露されて辞任せざるを得なくなっただけのこと。 道徳を説き日本の心を人前で語る、有名歴史系ブロガーなどは、その典型。保守系団体幹部としてカネを流用…

続きを読む

声を出さないのは「いない」のと同じ

今回の内閣改造で河野大臣が防衛大臣に就任した。多くの保守層は、前任者よりはましな政治家が防衛大臣になったと思ったに違いない。 そういう評価となる背景に、改造前の閣僚の就任直後を振り返りたい。 レーダー照射等、韓国事案に対しきちんと声を出した閣僚は、河野大臣ただ一人だったことである。その最前線に、いつの間にか、世耕経済産業大臣が加わり、自民党もやればできるんだと誰もが思ったはずである。 その世耕大臣は、憲法改正の動きを睨み、参議院幹事長という裏方の要職に就任。憲法改正実現のため、三分の二の議席を確保、参議院を通過させることが期待されている。 新任の大臣はどうであろうか? 菅原一秀大臣は、早速一声を発した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 菅原経産相、韓国に反論 「輸出管理の厳格化はWTO協定に整合的」 https://www.sankei.com/economy/news/190912/ecn1909120042-n1.html ――――――――――――――――― TPP交渉で勇名を馳せた、茂木大臣はどうであろうか? 記者会見の画像から察するに、早くも仁王立ち状態のようだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 徴用工判決に茂木外相「国際法違反の状態、一刻も早く是正を」 https://www.sankei.com/politics/news/190913/plt1909130015-n1.html …

続きを読む

web拍手 by FC2