マスコミを追い詰めるための 最新の「論理と戦術」

街宣活動家の中には、論理ではなく、問題だー、問題だーと語るか、反対を連呼する人たちが多い。しかし、問題だー、問題だー、反対、反対を連呼しても成果には結びつかないことは、過去10年間の保守活動実態を知っている人には、常識である。 対照的に、ロビイストは派手な活動はしない。陳情文書を伝達手段とする、かなり地味な活動である。 ロビイストにとって、文書全体を貫く、活動「論理」は欠くことができない要素である。 ロビイストは、文書を伝達手段とする関係で、街宣活動家以上の精緻さが求められてきた。論理性有する陳情書を書くことは難しい。 最近、2件の陳情書を作成、提出した。振り返ってみて、事案実現を導く、有効な「論理」は簡単に浮かんではこない。 さて、ロビイストの視点で眺めると、 実現に至るステップは少なくとも4段階ある。 堅苦しい表現となること、ご容赦いただきたい。 ①ある事案について、実現シナリオの核心的な「論理」が見出される、段階 ②それが重要な活動戦略として位置づけられ、年度活動計画に組み込まれ、詳細規定される、段階 ③行政機関や政治家に、陳情書を提出する際に、上述の「論理」が意識して組み込まれる、段階 ④受理した官界が、意思決定の際、稟議書の提案理由欄に、上述の「論理」を記述する、段階 9月23日に、都内で中川八洋の特別ゼミが予定されている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 中川八洋教授「特別ゼミ…

続きを読む

スパイ組織に「議員の個人情報」を漏洩した?「共同通信」に立入検査すべきだ!

本稿は、公益法人監督上の立入検査条項、個人情報保護法の立入検査条項を、一般社団法人共同通信社に適用可能であることを示す目的で出稿したもの。 和田政宗議員の個人情報が、共同通信社内で共有化されていることが発覚した。 普通は、この記者を国会喚問すべきだろうということになる。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://ameblo.jp/wada-masamune/entry-12510764240.html 共同通信は個人情報の保護をどう考えるのか? 2019年08月23日 18時51分52秒 テーマ:ブログ 知らない番号から携帯に電話があり、留守電も入っておらず、折り返し電話したら共同通信の記者とのこと。 過去、沖縄で私が演説中に暴行を受けた件の関連でコメントをとのことだったが、 私から「事務所を通して欲しい」という話をし、 「あなたには携帯の番号教えてないと思うが、誰から私の番号を聞いたのか?」と質問したら、 「共同通信で共有している」との答え。 さらに「はいはいわかりました。事務所通します」と、ふてくされたような声で電話を切られた。 私は馴染みの記者に個人的に教えたことはあるが、それは信頼関係があってのこと。 会社での共有など許可していない。 個人情報の保護を共同通信はどのように考えているのだろうか? ||||| ここまで引用 ||||||…

続きを読む

NHKの最大の弱点 それは「公共性の概念」

NHKの問題として、放送法が曖昧過ぎたこと、公共性を主張しているにしては偏向番組が放置されていること、偏向報道・人事面で電通や在日支配を許していること、放漫経営、高すぎる職員給与などがあげられる。 放送法が曖昧過ぎたことについては、前国会にて、法改正が為されたので完璧ではなくても、追及の手がかりを得た。 私は、NHK役員たちが主張してきた、「公共放送」というキーワードに注目している。以下は、国会にて国会議員に質問いただくことを想定した、シナリオの一例。 ―― 参考情報 ―――――――――― ・NHK役員や経営委員に「公共放送」を語る資格はあるのか? http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/468469776.html ・NHKが公共性を大きく逸脱している可能性が出てきました http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/468656046.html ・NHKが公共放送事業者として「絶対に拒否できない二つの事」 http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/468742462.html ・公共放送 番組・宣伝等私物化は許されない  http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/468815004.html ・NHK問題  国会での論戦に期待すること http://sokokuhani…

続きを読む

web拍手 by FC2