日中外交関係の劇的変化  戦後外交史の重大事件?

ドイツの新聞ツァイトは、安倍首相はG20参加国みんなの調停役として君臨しつつあるとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【悲報】安倍晋三さん、ドイツから評価「安倍は調停役として適任、みんなのお気に入り」 http://www.watch2chan.com/archives/20190629014037.html ――――――――――――――――― 何かにつけてドイツ、ドイツ、、、日本はドイツを見習うべきだと述べたがる、ドイツ在住の言論人がいたはずだが、上記記事についてどういう感想なのか知りたいところである。 さて、中共は、トランプに徹底的に吊し上げられ、欧州各国との関係も疎遠となり、外交的に八方塞がりな中、親身な態度で話を聞いてくれる安倍首相に会うことで、一時的に癒されているとの見方がある。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-26/PTOIGY6K50Y401 習近平氏が来年春に国賓来日へ、具体的日程調整で一致-首脳会談 ・安倍首相から東シナ海、特に尖閣諸島周辺海域における中国の活動の自制を要請 ・自由で公正な貿易体制を発展させていくことで一致 ・安倍首相から、知的財産保護の強化、市場歪曲的な産業補助金等の是正など中国市場の開放や公平公正なビジネ…

続きを読む

G20での演出効果 参議院選挙を意識している!?

G20主催国として、会場の狭さ、安物のオフイス什器が気になるところだが、トランプとプーチン、トランプと習近平の間に座る、日本の首相を見るのは、支持者(無条件支持者ではないが)としてはうれしい気分だ。 ―― 参考情報 ―――――――――― https://www.sankei.com/ 【G20】トランプ、安倍、習近平の並びが凄いwwww 近すぎるだろこれ https://hosyusokuhou.jp/archives/48853660.html ――――――――――――――――― トランプは、アメリカ国内の捜査等があり、ロシアのプーチンと表向きの接触はしにくかった。G20で、近くに座り、安倍首相を間でトランプとプーチンが乾杯している。 このシーンは、北方領土返還に関する、ロシア側の返還条件(在日米軍云々)について、米露が協議、日露平和条約進展に両国が同意していると演出する効果がある。 次に、日米中首脳が並んだ画像について述べたい。トランプは、事前に習近平に対し、G20欠席しない様、恫喝している。 ―― 参考情報 ―――――――――― 習近平氏がG20サミット欠席なら追加関税=トランプ氏 https://jp.sputniknews.com/business/201906116345233/ ――――――――――――――――― G20の狭い会場にて、日米中が並んで座って見せることで、日本は米中の緊張緩…

続きを読む

揺れ動く「プーチン観」 世界を動かしている国の存在

最近、日露外交が変調をきたしている。 安倍首相が最も会談時間が長かったのは、明らかにプーチン。いろいろな話をしているわりに、最近、なぜかプーチンによる足下を見るような言動(領土不返還)、行動(領空侵犯)が目立つ。 もはや、プーチンは、馬淵睦夫が著作でなんども力説した、親日の柔道家で信用できそうなイメージでではない。 最近のプーチン観については、自説を含め4つの説があるように思う。 ―― 参考情報 ―――――――――― 独裁侵略国家の中国とロシアを外交的・軍事的・経済的に封じ込めていくために https://ameblo.jp/omorikatsuhisa/entry-12485311408.html ロシアの領空侵犯にもプーチンの辺野古発言にも抗議せず、ただ容認の安倍晋三は、“日本のロシア属領化”を加速中 http://nakagawayatsuhiro.com/?p=726 日露を邪魔した「反安倍」 http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post6352/ 奇妙な現象 同じスポンサーが仕掛けている? http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/467366358.html ――――――――――――――――― ここで、兵頭二十八の見解を一読したい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 八丈島と大東諸島にもSAMが必要だよね…

続きを読む

web拍手 by FC2