皇統断絶危機 皇籍復帰の三つの例

本稿は、最近発刊された皇室関係の良書に係わる、提言もの。 政府関係者は旧皇族皇籍復帰をすべきだとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 旧皇族の皇籍復帰を=衛藤首相補佐官 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052101260&g=pol ――――――――――――――――― 水間政憲の最新刊「ひと目でわかる皇室の危機」を購入し読んでいる。 本としては、良書の部類。タイムリーな出版物である。 (臣籍降下なければ、旧皇族皇位継承者の存在を含む)皇室の系図について一般向けに解説された初の本である。本が書かれた目的は、政界やマスコミが何かと話題としてきた女性宮家問題を粉砕すること、今国会での女性宮家論議そのものを阻止することにある。販売部数については、あの空前のベストセラーとなった通史書レベルとなることを私は期待している。 私のこの本の評価は、星四つ半。少し補強すべき点があるように思う。増補改訂版を出せば、さらに評価が上がる可能性があるという意味である。 内容的に気になることについて述べさせていただく。この本では、系図情報はきちんと示されているが、皇籍復活をすべき対象家系、当該宮家に係わる歴史的経緯や皇籍復帰で即位事例についての詳細記述がない。重要な点が対話形式で書かれていることが不満である。 たとえば、対話形式で示された、具体的措置として、88頁に、[特措法で「皇統の安定継承を維持…

続きを読む

女性宮家阻止活動  『ひと目でわかる「皇室の危機」~天皇家を救う秘中の秘』発刊!

本稿は、女性宮家阻止に係わる、目先必要な活動についての情報提供を目的としたもの。 まず、日本会議の皇室関連記事を一読したい。女性宮家問題について、主張すべきことは主張してきているが、活動論的にタイムリーではなく、小回りがきかないような状態? 竹田恒泰は、目先、二度目の教科書検定に注力している。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| http://www.nipponkaigi.org/category/opinion/opinion-01 日本会議 皇室関連記事 新元号の公表にあたって(平成31年4月1日) 平成31年04月1日 2月23日、皇太子殿下お誕生日に際し 「過去の天皇が歩んでこられた道」 平成29年03月14日 12月23日、全国各地で天皇誕生日奉祝行事開催 平成29年01月24日 天皇陛下の「象徴としてのご公務のあり方について」のお言葉を受けて(平成28年10月18日) 平成28年10月18日 いわゆる「生前退位」問題に関する日本会議の立場について 平成28年08月4日 [ブラジルからの提言]十一宮家の皇族復帰を望む 平成26年01月9日 [皇室]皇室の伝統を守る国民の会が政府の「皇室制度に関する論点整理」に関し見解を発表 平成24年11月13日 政府が皇室制度に関する有識者ヒアリングの論点整理を発表 ~皇室二千年の伝統を守るため皆さんの意見を政府に届けましょう 平成…

続きを読む

昭和天皇の御発言 史料検証は十分為されたのか

本稿は、昭和天皇の御発言について書かれた史料係わる、歴史学的視点からの問題提起。 まず、田島宮内庁長官手記に係わる、共同通信と産経記事の比較。 共同通信記事から読んでみたい。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://news.livedoor.com/article/detail/16948170/ 昭和天皇、戦争の反省語れず 吉田首相反対で、元長官が記録 2019年8月19日 11時56分 共同通信 初代宮内庁長官を務めた故田島道治氏が昭和天皇とのやりとりを記録した手帳やノート=19日午前、東京都渋谷区  初代宮内庁長官を務めた故田島道治氏が昭和天皇との詳細なやりとりを記録した資料が19日、公開された。昭和天皇は1952年5月に開かれた日本の独立回復を祝う式典で、戦争への後悔と反省の気持ちを表明しようとしたにもかかわらず、当時の吉田茂首相から反対され「お言葉」の一節が削除されていたことなど、これまで研究書で指摘されていた内容の詳細が明らかになった。  田島氏は48年、宮内庁の前身である宮内府長官に就任、49年から53年まで宮内庁長官を務めた。在任中、昭和天皇との会話の内容や様子を手帳やノート計18冊に書き留めていた。遺族から資料提供を受けたNHKが公表した。 ||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||…

続きを読む

web拍手 by FC2