「共産主義国家ロシア」と外交関係維持する歴史的意味

陰謀論的視点を少々加味すると、世界史的には、1900年以降、共産主義を歴史の主役とするシナリオで動いてきたように見える。 ①革命という手段が広く流布されることで、戦争が各地で常態化となる(フランス革命以降) ②世界最大の資源国ロシアを王政から共産主義化させることで、ロシア王朝が保有する貴金属等を略奪、ソ連と取引する資本家の利潤の極大化を図る ③世界全体を共産主義化させ、人類を最終的に奴隷化すること(コミンテルン指令) ④第二次大戦、第二次大戦以降の冷戦(資本主義国と共産主義国を戦争・敵対させることで、軍産複合体が利益を得る) マルクスのスポンサーは、あのロスチャイルドであったことは、ご存じのことと思う。 西村眞悟は、コミンテルン指令は生きているとする。 ―― 参考情報 ―――――――――― コミンテルンは生きている http://www.n-shingo.com/jiji/?page=495 ――――――――――――――――― 私もそう思う。これは、ロスチャイルドは引き続き、世界全体の共産主義化(=ワンワールド)を狙っているということになる。世界共産主義化はワンワールドに至る方法論。資本主義国家においてはワンワールド、グローバリゼーションの流れと認識されている。 さて、共産主義社会の実相は、 世界の支配者が、共産主義考案者を経済支援、革命輸出された結果、王政下の資産を掠奪、人々を不幸にし、人々が奴隷化…

続きを読む

プーチンは変心したのか?

今現在、安倍政権による日露外交が頓挫状態にあることは、誰しも認めるところと思う。 第二次安倍政権でのプーチンとの間の突出した会談頻度は何を意味するのか? 明快な答えは示されていない。 北方領土返還交渉と平和条約締結とセットでの経済協力、今のところは、ロシアが旨いところだけせしめ、言葉は悪いが食い逃げされたような結末が繰り返されてきた。 会談するに際して、上納金を要求されているのではないか、と勘ぐる程である。 二人の言論人がいる。 一人はウクライナの外交官だった馬淵睦夫。 もう一人は、ウクライナ出身の歴史家、グレンコ・アンドリー。 グレンコ・アンドリーは、「プーチン幻想」にて、「ロシアやロシア人の本質を最もよく理解し、ロシアとの付き合い方について最も的確なアドバイスを与えられるのはウクライナ人です。なぜなら、ロシアとウクライナの関わりは日中の関わりよりもっと深いからです。ウクライナ人のほとんどはロシア語が分かります。だから多くの日本人に見えないもの、感じられないものが、ウクライナ人には分かります。」と自己紹介している。 実は、二人ともウクライナの視点からプーチンを分析、評価している。 ところが面白いことに、二人は、以下の事項について、正反対のことを述べている。(ようだ) 馬淵睦夫は、過去の著作において、プーチンは親日である、プーチンは保守主義者である、プーチンはナショナリストである、プーチンは国際金融資本と戦っている勇者み…

続きを読む

韓国国会の旭日旗禁止決議 朝鮮戦争の黒幕と同じ?

旭日旗五輪会場持ち込み禁止が韓国国会が決議された。 ―― 参考情報 ―――――――――― 旭日旗の五輪会場持ち込み禁止を韓国国会が決議 すべての国際行事でも要求 https://www.sankei.com/world/news/190930/wor1909300021-n1.html ――――――――――――――――― この決議によって、韓国は、政権が変わろうと反日政策が止むことがないことが確定した、 海上自衛隊艦で使用する旗であるため、韓国は、自ら敵国となることを宣言したに等しい。 このような事態となる、最初の背景に何があるのか? 私は、韓国におけるすべての反日活動の根源に、「朝鮮戦争」があると睨んでいる。 多角的な視点から朝鮮戦争について、分析を試みる。 ■ソ連はアメリカを朝鮮戦争に誘導したがっていたのではないか スターリン、アメリカを朝鮮戦争に誘導したがっていたとされる極秘文書が存在する。スターリンは、なぜ誘導したがったのか?自国は、第二次大戦終了直後で疲弊しているのに。 ―― 参考情報 ―――――――――― スターリンが朝鮮戦争に米国を誘導したことを示す極秘文書が発見されている http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-276.html ――――――――――――――――― スターリンは、第二次大戦期間中に西側諸国から大量の武器等の…

続きを読む

web拍手 by FC2