資本の海外逃避(企業、個人)を封じる流れ

本稿は、海外に資本逃避した企業、個人に対する課税強化が加速しつつあることを説明することを目的としている。 国内的には重税感が支配的である。賃上げ税制採用に至った経緯的なことについて、以下に分析を試みた。 ―― 参考情報 ―――――――――― 今なぜ「賃上げ税制」なのか https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/483917822…

続きを読む

自民と共産  どう違うのか?

本稿は、自民党と共産党が手続き的にどう違うのか。どちらが公明正大な手続きを尊重するのか。公開情報などから比較を試みたもの。 自民党の甘利幹事長は、今度の衆議院選挙は、「われわれの自由民主主義の思想で運営される政権と、共産主義が初めて入ってくる政権とどちらを選ぶのかという政権選択だ」と述べている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 甘利幹事長、衆院選争点 「自由民主主義か…

続きを読む

今なぜ「賃上げ税制」なのか

高市政調会長、官房長官、財務大臣は賃上げ税制についてかく言及している。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| 「(企業への)現預金に課税するかわりに、賃金を上げたらその分を免除する方法もある」 高市早苗氏、企業の現預金への課税を検討 http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/58589532.h…

続きを読む

財務次官に対し国会で質問いただきたいこと

本稿は、かねてから財務省主導の政権運営に疑問を持ちつつ、矢野財務次官が寄稿した雑誌記事に激高しておられるであろう、正義の国会議員とその秘書さん向けに作成したもの。 質問時期は、選挙後となることを想定している。 ―― 参考情報 ―――――――――― 矢野現財務事務次官の「国家財政は破綻」に、高市政務調査会長が怒り「自国通貨建て国債なのでデフォルトも起こらない」「基礎的財政収支にこ…

続きを読む

衆議院選挙 岸田首相の人柄の良さが伝わるか

岸田政権については、マスコミは地味過ぎて選挙で大丈夫かと疑問視している。 もちろん、マスコミは政権を陥れることしか考えない。日露戦争時代以降、戦争ビジネスで大幅に販売部数を伸ばしてきたことをご存じであろうか。 ―― 参考情報 ―――――――――― 日露戦争で新聞が購読部数を伸ばした http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1272 日露戦争時代…

続きを読む

人気記事