生物化学兵器対策としての交通制限・遮断措置

本稿は、根も葉もない私見の類と思ってお読みいただきたい。 私は、そもそもこの分野の専門家でも危機管理の専門家でもない。世の中に、危機管理の専門家と称する人は数多いる。が、マニュアルベースで提言する人は少ない。 本稿は、企業人として、最悪の場合を想定したマニュアル等、実務的視点からの対策検討、再発防止対策等を検討した経験から述べるもの。 赤池まさあき 参議院議員は、湖北省からの入国者について、日本政府は堂々と入管法第5条に基づく上陸拒否すべしとの見解を示した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 中共・武漢市のある湖北省からの入国者を上陸拒否(入管法第5条発動)すべし https://blogos.com/article/431916/ ――――――――――――――――― 入管法にこの条項があるということは、法務大臣権限で実施可能な措置と読める。 しかし、日本政府は発動しようとしなかった。 理由は、いくつか考えられる。WHOがしかるべき見解を示さないため、日本政府として独自判断がしにくかった。この状況で、法務大臣上陸拒否判断は、習近平国賓来日の可能性が低くなるというシグナルを国際的に発することに直結、中共との友好関係にひびが入ることを怖れ、あるいは、首相の日中首脳会談意欲に水をさし法務大臣の政治的立場が危うくなると考えたかもしれない。 もう一つ考えられることは、生物化学兵器のターゲットとして中共が、、、したのでは…

続きを読む

指定感染症対策 交通遮断に係わる「国の権限」が見当たりません!?

国土交通大臣指示事項が、国土交通省HPにて開示された。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://www.mlit.go.jp/common/001324558.pdf 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する 国土交通大臣指示 令和2年1月21日 今回の中華人民共和国武漢市における新型コロナウイルスに関連した感染症について、既に我が国でも感染者が確認されているところであるが、今後の更なる感染拡大に備え、関係各局においては、厚生労働省等関係省庁と緊密に連携し、引き続き、以下の事項を適切に実施すること。 ○ 航空事業者、旅行事業者等、関係事業者に対して、迅速かつ的確な情報提供を行うこと。 ○ 航空局、海事局及び港湾局は、空港及び港湾施設における検疫の実施の円滑化及び海外渡航者への情報提供等、水際対策の徹底について必要な支援を行うこと。 ○ 海上保安庁は、関係機関と連携を密にし、水際対策の徹底を図るとともに、航行船舶に対し必要な情報の提供を行うこと。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 情報提供程度の次元の話である点について私は不満である。 情報提供と支援以外に、航空路許認可権限に関して、やるべき措置があるはずである。 具体的に言うと、国土交通省が感染症対策として行う、「交通の遮断」…

続きを読む

「テレビ<動画」の時代  テレビニュースは見る価値なし!

実は、テレビニュースをまったく見ない生活を続けている。ニュース以外では、見たい番組だけを選んで録画してみている。惰性でテレビを見ることはまずない。 食事中もテレビをつけることはなくなった。 情報価値もなく、不愉快なものに係わるつもりはない。 実際、見る価値がないことを裏付ける情報が激増している。 ―― 参考情報 ―――――――――― 沖縄県の玉城デニー知事が豚コレラ発生を隠蔽するようマスコミに要請 中共のごとき手口に批判殺到 http://japannews01.blog.jp/archives/50531745.html 河野大臣「中国が世論コントロールを要求してきた」 https://hosyusokuhou.jp/archives/48869807.html 米主要メディアも全て中国共産党の飼い犬と化しました。 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52048680.html ――――――――――――――――― そもそも「報道しない自由」を行使、それでいて、国家的に重要でないことは、馬鹿丁寧に報道する。 重要なことは、そもそも報道しない。仮に報道したとしても、取材が十分でない、分析が十分でない、マスコミにとって都合の悪い人は出演させない。政治的に中立でない報道実態となっている。 ゆえに、テレビニュース番組に対しては、不視聴戦術、処罰陳情戦術が有効な時代…

続きを読む

コロナウイルス問題は武漢政府による人災? 各国の思惑と無能なWHO?

コロナウイルスの地球規模の拡散が懸念されている。 「北京に対する保身のためなら全世界を恐怖に巻き込んでも平気」という武漢地方政府が隠蔽を続けたことが原因として推定される。 ―― 参考情報 ―――――――――― 武漢市、流行初期にかん口令「医師にできたのはマスク着用勧めることだけ」 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6349283 新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れたのか? https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200124-00160069/ 封鎖直前まで武漢市幹部が脳天気すぎる態度を見せていたと判明 全員が過度に楽観的だた http://japannews01.blog.jp/archives/50531850.html ――――――――――――――――― なぜ、感染者が異常に少ないのか、調査が始まっている。おそらく、患者統計上のマジックにより、感染者が低めに集計されているか、共産党関係者以外集計しないことにしているのかもしれない。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 中国の肺炎感染者、当局発表の30倍か 英研究チームが推計 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011900162&g=int https://twitter.…

続きを読む

コロナウイルス問題  国土交通大臣の説明責任(広報活動強化願えませんか)

拝啓国土交通大臣殿 中国国内でのコロナウイルス患者の発生状況、中国当局の当該地域封鎖・隔離施設新設等の対応などから、日本国内に中国人観光客をいまだに受け入れ続けることに私は納得できません。 「当該地域からの航空便の運航停止拡大」、「当該地域からの観光客全員の診察」、「入国時に患者発生が確認された場合、当該便乗客全員の隔離措置」、「中国国内からの渡航者すべて一旦数日間空港足止めする措置」が必要と思うほどです。 国土交通大臣は、日本政府として、日々どういう対応を行ったか、日々発表する説明責任が発生していると考えざるを得ません。 政府を代表し、首相は、対策指示等出しているようですが、本来は、国土交通大臣の仕事でしょう。 加えて、SARSのときと比較して中国人観光客が激増している関係で、SARSよりもコロナウイルスの方が比較的軽症で済むとかそうでないとか、比較の対象になりません。今回の方が、国内的に重大事態となることが懸念されるのです。 罹患した、あるいは罹患する可能性が非常に高い、中国人旅行者、中国からの旅行者をほぼ無条件でSARSの時よりも大量に入国させ続けていることが問題なのです。 国土交通省や観光庁のHPを見ても何も情報らしい情報は得られません。仕方なく、保守系サイトを閲覧せざるを得ません。 私は、国土交通省、観光庁の国民各層向けの情報発信力(広報活動)を問題視しているのです。 たとえば、海上保安庁の場合は、尖閣侵入実績について、日々発表し…

続きを読む

コロナウイルス問題 なぜ日本政府は中共に対し弱腰なのか?

WHOは23日、緊急事態宣言を見送ったそうだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― WHO、緊急事態宣言を再び見送り 新型肺炎で意見二分 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54780620U0A120C2000000/ ――――――――――――――――― 久しぶりにWHOのHPを見てみた。 https://www.who.int/ Newroomを見ても、中国でのコロナウイルス問題について、特段の緊急レポートはなさそうだ。 実は、WHO自体、中共に買収された国連官僚だらけ?という情報がある。中共は、自国の都合の悪い情報をWHOの議題とさせないために、WHOの職員を買収し続けている?可能性があるのだ。 途上国出身の国連官僚など、買収するのは簡単。別に、国連に限った話ではない。途上国官僚が買収されるのは日常茶飯事。 ジャーナリスト及川幸久は、WHOという組織風土の問題を指摘、対応が遅い日本政府を批判する一方で、迅速な対応を決断した台湾蔡英文を絶賛している。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【武漢の新型肺炎】日本政府の対応遅過ぎ 蔡英文の対応スゴイ【及川幸久−BREAKING−】 https://www.youtube.com/watch?v=R37wJbZ_cjc ――――――――――――――――― 台湾側の「正確な情報を台湾と共有せよ。政治的な思惑を人民の…

続きを読む

人気記事