秋篠宮家バチカン訪問 宮内庁記者会は機能していないのではないのか?

宮内記者会についてご存じであろうか?Wikipediaにはこう書いてある。―――――――――――――――――https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%86%85%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A宮内記者会(くないきしゃかい)は、宮内庁の中にある記者クラブである。天皇・皇后をはじめとした皇族らの会見や外出、宮中行事などの皇室に関する取材を行っている。 記者会は、宮内庁庁舎2階に部屋をもっており、読売新聞社、朝日新聞社、毎日新聞社、産経新聞社、日本経済新聞社、東京新聞社(中日新聞社)、北海道新聞社、共同通信社、時事通信社、日本放送協会、日本テレビ放送網、TBSテレビ、フジテレビジョン、テレビ朝日、テレビ東京の15社が常駐として加盟している。 記者 宮内記者会の記者は、毎朝、坂下門などを使い皇居に入る。この際、記者は、宮内庁発行の「通行許可証」を皇宮警察に提示しなければならない。 現在、記者会に登録してある記者数は250名程度であり、この数は、記者クラブでは日本最大となっているが、かつて、昭和天皇の崩御直前には、800名程度の記者が登録してあった。 歴史 1912年 発足。 その他 毎年、春と秋に行われる「園遊会」で、天皇の「お声かけ」の相手は、この宮内記者会のクラブ総会にて決めている。――――――――――――――――― 秋篠宮家のバチカン訪問について、かような情報がある。 ―――――――――――――――――http://blog.li…

続きを読む

首相一人の守備範囲はどこまでか

安倍首相の例を参考に、首相が一人でカバーしている業務量を試算し、首相として落ち着いて考えられる時間が月に何時間くらいあるのか、推定を試みる目的で出稿することとした。 首相官邸サイト、総理の1日にて、その動静が2年前までは確認できた。 http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/index.html今は、わからないようになっている。理由は簡単だ。身辺警護上の理由である。まず言えることは、政府主催会議、来客対応の多さである。各国の要人、陳情、民間人の表敬訪問である。人に会うのは、要職にある者の責務でもある。来客対応は、1日のうち、数時間は、そうなっているのではないかと思う。と考えると、月のうち7日程度は、そうカウントされるべきだろう。 政府主催会議の他に職務的には、閣議対応、国会対応、外交活動が存在する。 閣議対応は、閣議が週2回くらい、事前のブリーフィング、記者会見等を考慮すると、1回3時間くらいの対応は余儀なくされるだろう。 http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/index.htmlこれについては、月3日分くらいの業務量に相当すると予想する。 続いて、国会対応について述べる。会期は以下にて参照できる。 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/kaiki.htm平成28年は既に150日 平成27年は245日 平成26年は20…

続きを読む

伊勢志摩サミットの歴史的意味 核廃絶を語りつつ核武装せざるを得ない意味

伊勢志摩サミットに係わる歴史的な意味、核廃絶を語りつつ核武装せざるを得ない意味、について述べる目的で出稿することとした。いつも眺めているブログの中から、サミットネタを集めてみた。―――――――――――――――――各国首脳が伊勢神宮し、それが国際社会に発信される意味 http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2343.htmlG7首脳の伊勢神宮参拝、オバマの広島訪問 ~ これこそ日本外交の成果だ http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2344.html米オバマ大統領 広島を初訪問 http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3887.htmlオバマ大統領広島訪問 各紙の社説読み比べ http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3888.htmlオバマは、欧州と中東の問題を迅速に解決し、米国の 覇権を脅かす中国にターゲットを絞ったのである。 http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/cb556c1021d286a53132e89bb371de5d【G7】@主役はオバマ http://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/05/28/210000G7各国首脳 伊勢神宮を訪問、参拝でなく訪問 http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5054…

続きを読む

人気記事