安倍自民党の巧妙な選挙対策 「日本のこころ」議席獲得を祈願!

安倍首相が単独過半数獲得について、珍しく悲観的見通しを述べている。―――――――――――――――――http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/news2/20160622-OYT1T50102.html?from=yartcl_blist自民の単独過半数、首相「とても届かない状況」2016年06月22日 23時08分 安倍首相は22日のNHKの報道番組で、参院選で57議席以上を獲得して自民党の単独過半数を実現する可能性について、「とてもそこまでは届かない状況だ。最初から困難な目標だと思っていた」と述べ、達成は難しいとの考えを示した。     自民党の非改選議席は65で、単独過半数を取れば27年ぶりとなり、党内には「単独過半数を狙うべきだ」(麻生副総理)との積極論も出ていた。―――――――――――――――――私は、これを煙幕とみている。そういう悲観的雰囲気で戦うという、選挙戦略上の発言なのである。 安倍自民の参議院選挙戦術は、実に巧妙である。どうしてそう判断するのか、根拠事例となりうるものをいくつか紹介させていただく。 ■争点ぼかしはっきりしていることは、選挙の争点をわからなくしたことだ。 争点がわかりにくいことは、マスコミにとって政権批判がしにくい状況が生まれる。 衆参同時選挙としないことで、自公固定票のみで戦おうとする意図が見えてくる。そうせざるを得なかったのは、舛添都知事の動きにあった。 舛添が、本来あったはずの選挙…

続きを読む

ヘイト法の悪夢  「表現の自由」を規制する最悪の事態を回避すべきだ

ヘイト法には、一見無関係だが、ヘイト法の最終的なゴールを予見させる事案が一つある。閔妃殺人犯の子孫による謝罪訪問  http://blog.goo.ne.jp/worldnote/e/9f9ff7e305470551822101713d69822c同様の事案がいくつかある。 伊藤博文の暗殺犯の子孫が、伊藤博文の子孫に謝罪訪問したのであろうか?満州開拓者たちが、朝鮮半島を徒歩で帰還している最中、日本人に略奪と凌辱と繰り返した韓国民は、その子孫に謝罪したのであろうか?韓国人が日本人に何をやろうと愛国無罪で、日本人が韓国人に手を下した場合は、子孫を含め未来永劫謝罪させられる、そんな馬鹿なことが、ヘイト法法制化以前に起きていたのである。 こういう事案の存在を知ると、安倍談話において、「謝罪の義務を子孫に負わせていいのか?」という一文が入っているだけでも、談話した価値があるのだ。安倍談話を完全否定する言論人、その辺のところを考えて発言しているのか?と私は言いたい。一方、岩波の広辞苑には、安重根のことが、韓国よりの視点で書かれている。暗殺犯を英雄視する韓国の視点での事典における用語掲載は、広辞苑が、日本人のための辞書ではなく、韓国人、在日朝鮮人のための辞書であるということだ。従って、学校図書館や公共施設の図書館で広辞苑を購入する必要はない! さて、ヘイト法については、まきやすとも氏が、問題提起型のデモについてかく批評している。ヘイトスピーチデモ?は中止させられた http://makiya…

続きを読む

中共は国家としての体をなしていない 中共は選挙期間中に軍事紛争を仕掛ける?

満州事変、支那事変時代の本を読まれている方なら、あることをご存じのはずである。 それは、中華民国は、名目的には国家であるように見えて、軍事的には、国家の体をなしていないことである。以下の本、どれも名著である。―――――――――――――――――・この厄介な国 中国 岡田英弘 ・嘘だらけの日中近現代史 倉山満 ・GHQ焚書図書開封7  戦前の日本人が見抜いた中国の本質 西尾幹二 ・共産中国はアメリカがつくった G・マーシャルの背信外交 ジョゼフ・マッカーシー ・シナ大陸の真相 K・カール・カワカミ ・近代中国は日本がつくった 黄文雄 ・日中戦争知られざる真実 黄文雄 ・暗黒大陸中国の真実 ラルフ・タウンゼント ・中国の戦争宣伝の内幕 日中戦争の真実 フレデリック・ヴィンセント ウイリアムズ ・日本はいかにして中国との戦争に引きずり込まれたか 支那通軍人・佐々木到一の足跡から読み解く 田中秀雄 ・日中戦争はドイツが仕組んだ 上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ 阿羅健一 ・南京事件の総括 田中正明 ・南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった 日本の前途と歴史教育を考える議員の会 (監修) ・南京事件 国民党極秘文書から読み解く 東中野修道 ・ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神 水間政憲 ・真実の中国史 1840-1949 宮脇淳子―――――――――――――――――が、残念なことに、どの本も「実証的に国家としての体をなしていないこと」を説明していない。良心的な研究者が少ない…

続きを読む

人気記事