和解の力 エビデンスとして我々世代が後世に伝えるべきこと

安倍首相は、意外にも詩的な表現を多用し、真珠湾での「和解の儀式」に臨んだ。 これを、私は完全肯定しているのではないが、何の目的で何がどういう手順で行われたのか、演説文とは別に、記録として整理しておく必要を感じている。 前稿では、演説文について、どういう意図があって演説したか、について分析を試みた。 ―― 参考情報 ―――――――――― 「和解の力」 安倍晋三首相の真珠湾での演説について …

続きを読む

「和解の力」 安倍晋三首相の真珠湾での演説について

本稿、ハワイ真珠湾において日本政府を代表し、日米の歴史的「和解の儀式」履行を担われた安倍首相の演説について、分析した原稿である。 安倍首相が参加する一連の「和解の儀式」において、今回初めて、「和解の力」というキーワードが出現した。昨年のアメリカ議会演説から続く一連のイベントの目的が、日米協調に沿った「和解の儀式」であることがここに確定した。 拙ブログは、オバマ政権後期における対米安倍外交…

続きを読む

今上陛下の政治発言? 政権及び憲法との整合性確保の問題

前稿にて、今上陛下の生前譲位に係わる、一連のご発言が、解釈的に憲法違反、放置できないとの判断した安倍内閣が歯止めをかけるべく、「新年にあたっての感想」を公務から除外する決定を行った、という推論を示した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 宮内庁の変化に気づくべきだ 陛下の記者会見原稿は誰も決裁していない? http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-en…

続きを読む

人気記事