中川昭一先生の名言  中川昭一先生は生きている!

「日本を守るために、日本人が考えておくべきこと」という本にて、中川昭一先生が東京大学五月祭で講演(二○○七年五月二十七日)された際の原稿を読むことができる。 ものの見方として、参考になることがあると考え、紹介させていただくこととした。引用箇所内の、カッコ内表示は拙ブログ管理人が付けた要約タイトル。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||(不断の危機意識を持続する必要性)192頁いまの世界の貿易は、モノよりも金融・先物など、お金の取引が増えていますが、日本はモノづくりを通じて発展しました。「メイド・イン・ジャパン」は最初「安かろう、悪かろう」でしたが、先人たちが一所懸命頑張り、日本のブランドイメージはよくなりました。それも、危機感をもって努力していかないと、中国、韓国、インド、あるいは東南アジアの国々が虎視眈々とわれわれを、そして世界を見ています。われわれが安心して巡航速度になったとたん、日本は下り坂へと入ってしまいます。下り坂で何が悪いのかというと、先ほど申し上げたように、食料や原材料を買うお金がなくなってしまうのです。 (日本人は優秀族だが、もっと危機感覚に敏感になるべき。時間軸、空間軸、価値観軸という次元で何ができるか常に考えるべき。惰性は衰退を意味する) 199頁日本の唯一の武器は技術力・人間力 時間軸・空間軸、あるいは価値判断をしっかり立てて、企業活動であろうが皆さんの勉強であろうが、日本の安全・食料・エネルギーを考えるというこ…

続きを読む

今村直樹さん被告裁判について  本来告発されるべきなのは誰なのか?

田母神俊雄逮捕に関連、被告となられた一人、今村直樹さんの裁判の経緯を参照したい。―― 参考情報 ――――――――――今村直樹氏 裁判傍聴レポート-前半 石井義哲氏証人尋問「検察の主張が完全に覆る!?」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日 https://www.youtube.com/watch?v=4TbJ1h6QoHA&t=83s今村直樹氏 裁判傍聴レポート-後半 石井義哲氏証人尋問「国士を貶める国賊水島を許すまじ!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月20日 https://www.youtube.com/watch?v=joZKmnE72bU&t=70s今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察側、水島側に寝返った、元支援者の証人尋問に信憑性無し!」せと弘幸 東京地裁 平成29年2月21日 https://www.youtube.com/watch?v=RsNQ2Vl5MiU&t=148s今村直樹氏 裁判傍聴レポート「検察の捏造調書に、裁判官、被告、弁護人も呆れる。検察の動揺が隠せない!」代理傍聴せんたく 東京地裁 平成29年2月22日 https://www.youtube.com/watch?v=HvnMVf-3xRs&t=36s――――――――――――――――― 今村直樹さんの刑事裁判に係わる、確認されている事実について簡単に整理しておきたい。―――――――――――――――――・運動員は、名簿提出される前提で名簿に記入した ・選挙責任者は、選挙はボランテイ…

続きを読む

民進党が原発ゼロ前倒しを急ぐ本当の理由(東芝倒産を狙っている?)

民進党は、国益的に眺めると、本当に馬鹿な集団である。 言っていることすべてが国益に逆行するものばかりであるからだ。 2030年原発前倒し問題が該当する。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.sankei.com/politics/news/170218/plt1702180006-n1.html電力総連など3労組、民進に「2030年原発ゼロ」再考を申し入れ 狭まる蓮舫氏への包囲網 原子力産業と密接な関わりを持つ電力総連、基幹労組、電機連合の3労組が17日、民進党に対し、同党が検討中の「2030年原発ゼロ」方針を再考するよう申し入れたことがわかった。同日、都内で3労組の幹部が野田佳彦幹事長、玄葉光一郎党エネルギー環境調査会長と面会し、要請文を手渡した。原発政策をめぐる民進党と労組との対立が激化しており、蓮舫代表の指導力が問われている。 「エネルギー・環境政策をめぐる諸課題に係る要請」と題した要請文は、電力総連の岸本薫会長と基幹労連の工藤智司委員長、電機連合の野中孝泰委員長の連名で提出。平成23年の東日本大震災以来、電気料金やエネルギーコストの高騰が経済活動や国民生活に深刻な影響を及ぼしていると強調し「徹底した効率化やコストダウンなど現場で不断の努力を積み重ねている」と訴えた。 その上で、蓮舫氏が3月の党大会で「2030年原発ゼロ」を打ち出そうとしていることを踏まえ「現場で働く者の窮状を踏まえていただき、安全性が確認さ…

続きを読む

人気記事