「竹島の日」の式典 なぜ韓国の反日団体が入国できたのか?

本稿、「竹島の日」の式典に際し、韓国の反日団体を入管が入国させた理由について、検証することを目的としたもの。 「竹島の日」の式典、案の上、日韓双方の活動家が、式典会場近くでもみ合いとなった。―― 参考情報 ――――――――――日韓の民族団体と警察もみ合い 式典会場近く一時騒然 http://www.sankei.com/west/news/170222/wst1702220042-n1.html ――――――――――――――――― 入管が入国させて、日韓がもみ合いになる。騒動を防止するために警官が多数配置される、これを税金の無駄遣いと言わずして、何と言うべきか?法務省入国管理局の判断によって、警察の警備費が無駄に使われたのである。 こういう事例、他にもたくさんあるだろう。 2月5日の在日中国人による(官製?)反アパデモもそうだ。(官製?デモなのに)デモを許可し警官が多数配置される。行政判断として間違っている、と申しあげたい。今回の「竹島の日」式典のケース、法務省入管単独判断が優先されたため、後始末のため、警察官がてんてこまいさせられるケースである。そこで、法務省入管のザル行政実態をやめさせるために、法務省入国管理局は、国家公安委員会所管の外局(入国管理庁)とすべきということになるのだ。会計検査院は、省庁横断的かつ総合的な判断を下そうとしない入管行政について、きちんと検査すべきだ。 さて、鈴木信行や領土問題に係わる政治家は、韓国の反日団体の入国について、否定的な見解を示している。 |||||…

続きを読む

パブリックコメント[3/15締切]   小中学校の学習指導要領変更など

標記、パブリックコメントが発表された。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000878&Mode=0学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施について 案件番号 185000878 定めようとする命令等の題名 学校教育法施行規則の一部を改正する省令 幼稚園教育要領 小学校学習指導要領 中学校学習指導要領 根拠法令項 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第38条、第52条、第74条 等 行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続 問合せ先 (所管府省・部局名等) 文部科学省初等中等教育局教育課程課(03-5253-4111(内線4732))     ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 目新しい点は、領土教育のようだ。 鈴木信行はかく主張している。―― 参考情報 ――――――――――これじゃダメだ学習指導要領!竹島教育を強化して火病韓国に対抗しろ! http://ameblo.jp/ishinsya/…

続きを読む

我々は何をすべきか? 何をすべきではないのか?

前稿の瀬戸弘幸の3本の動画を視聴し、我々は何をすべきか、何をすべきでないのか、という視点から私見を述べさせていただきます。一連の田母神俊雄ならびに関係者の裁判、事態は、愛国・保守を標榜する「保守と称する勢力」が外部組織と連携し、かなり念入りに準備したうえで仕掛けられているものであることを否定できなくなりました。彼らは、何かにつけて、愛国、保守、武士道という言葉を使い、雄弁に語り、寄付を呼びかけます。しかし、中身がありません、成果らしい成果もありませんでした。 もし、我々が、彼らと違うと考えるのであれば 中途半端な動機、目的から、愛国、保守、武士道を語ることを避けなくてはなりません。安易に寄付を求める行為も抑制せざるを得なくなります。それもこれも、田母神敏雄とその関係者に起きたことがあまりにも理不尽であると思うからです。私は、日の丸を掲げ軍歌を鳴らし大音量で演説する、かつての街宣右翼時代が再来した、昭和二、三十年の時代に戻った錯覚に陥っております。 ではどうすべきか?ということになりますが。中身がなく、成果や行動が伴わない、愛国・保守に同調はしないとして 「日本のこころ」の支持者同志が仲違いし 引続き田母神俊雄の支持者が存在する一方、一部検察に寝返った元田母神支持者がいることが確定し 我々は、それぞれの立ち位置において、自らの証を立てることを迫られている、私はそう考えます。 実は、私は、これまで愛国者であると公言したことはありません。彼らは、何かにつけて、愛国、保守、武士道という言葉を使…

続きを読む

人気記事