検察の世界 「ガソリーヌ山尾」個体の問題なのか?それとも

本稿、最近の国会で、刺々しい発言が目立つ、「元検察官、山尾志桜里」、ネット界での通称「ガソリーヌ山尾議員」に対し質問対応させる法律、言い換えると「とんでもない国会質問が横行している現状に鑑み、野党議員の国会での言行等について与党側からの質問趣意書として回答させる目的での国会法改正」を促す目的で出稿したもの。 最近、ガソリーヌ山尾の言行なるものを知ると、吐き気がすると思っておられる方が多いと思う。 言葉が異様にトゲトゲしく、顔に悪意が滲み出ている。 検察官とは、かような悪意でなければ職務遂行できない職場であろうか?そう思いつつある。ガソリーヌ山尾の言行を検証したい。 ■論点1 元検察官は、犯罪集団に変化した一般団体を、一般団体という理由で判断集団から除外すべきと考えているのではないか?―― 参考情報 ――――――――――【国会動画】テロ等準備罪 民進党・山尾志桜里「一般団体が途中で犯罪集団に変わったら対象というのは矛盾してる!」 安倍総理「犯罪集団に一変した段階でその人達は一般人なんですか?」 http://hosyusokuhou.jp/archives/48785320.html―――――――――――――――――ガソリーヌ山尾の意見に対する、的確な反論は以下。―― 参考情報 ――――――――――共謀罪への反対は一般国民の不信を招く http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/4c46b9d985a95ac471d800600b84df7b―――――――――――…

続きを読む

「米中電話首脳会談」何者かに盗聴され北朝鮮に伝達された? 安倍首相の役割は?

私は、安倍・トランプ会談に係わる以下の「推論」を読み、あるシナリオを見出した。 ポイントは、日米首脳会談直前に、米中電話首脳協議を行ったこと、トランプが非常に、東アジア情勢に関心を示していることにある。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 安倍・トランプ会談 http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170215/plt1702151130004-n2.htm 【ドキュメント永田町】安倍-トランプ極秘交渉…議題は「中国」「北朝鮮」「韓国」 異例の厳戒態勢、密室車中会談の中身 (2/3ページ) 2017.02.15  さらに、トランプ氏は「私は確信した。私とあなた(安倍首相)で、史上最高の日米関係をつくれる」とまで言い切ったのだ。蜜月関係のステージが上がった。  自動車の貿易不均衡や、為替操作、日米FTA(自由貿易協定)など、日本側が懸念していた課題にも、トランプ氏はほとんど言及しなかった。もちろん、「アメリカ・ファースト」(米国第一主義)のトランプ氏が、この要求を取り下げることはあり得ない。  いずれ厳しい交渉が待っているが、安倍首相は仕掛けをつくった。麻生太郎副総理兼財務相と、マイク・ペンス副大統領をトップとする「日米新経済対話」だ。国益が激突しかねない経済や通商、為替などの問題は、首脳レベルに軋轢を持ち込ませない知恵である。  政府関係者が「満額以上の成功」…

続きを読む

放送事業許認可上の盲点?について

拙ブログは、放送法、テレビ局の法規制強化に係わる問題提起を続けてきた。 さて、瀬戸弘幸ブログにて、驚くべき情報が掲載された。 瀬戸弘幸は、「ある放送事業者の経営者がNHK批判・集団訴訟の最中、その経営者の妻がその放送事業者の経営者として係わっているのみならず、訴訟相手のNHKの番組製作に係わっている」という趣旨の情報を入手、2月16日ブログにて発表した。 ―― 参考情報 ―――――――――― チャンネル桜とNHK http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53221283.html ――――――――――――――――― ここで考えなくてはならないことがある。 状況的にいささか込み入っているのであるが、ある業種の免許取得に係わる許認可申請を経験した視点で、放送法上の許認可に係わる?かもしれないと思われる事項として、5つの論点をあげたい。 ――――――――――――――――― ■論点1 放送事業者の経営に携わる者の、番組内政治活動の是非 同一人物が 放送事業者Aの経営に携わる一方 私人の立場で政治活動を行っている場合、 自らが経営する放送事業Aの番組において、私人の立場で政治発言を行うことについて、許認可上の制限はないのか? ■論点2 放送事業者の経営に携わる者の、他の放送事業との兼業の是非 同一人物が、 放送事業者Aの経営に携わる一方 私人の立場で放送事業者Bの番組製作に係わることについて 許認可上の制限はないのか? …

続きを読む

人気記事