安倍昭恵夫人  「保守分断」工作員として機能しているのではないか?

本日新聞記事掲載の二誌の週刊誌広告から、安倍昭恵夫人はやっていることが、「保守分断」工作として機能していると言わざるを得ない。  森友事案を幕引きし、この種の再発を防ぐために、安倍昭恵夫人については、私的政治活動、たとえば講演活動、出版活動、言論活動、兼職での活動について、一旦中止されるべきだ。それが政権の安定につながるのだ。選挙で選ばれてもいない、女が首相の名を語って私的政…

続きを読む

モンゴル外交  成果はあまり期待できないのではないか?

安倍首相は、モンゴルを中共包囲するうえで、地政学的な戦略拠点をみなし、首脳外交を繰り返した。が、私は、最近、モンゴルという国について、懐疑的な見方をとりつつある。 既に、歴史上は、二つ結果が出ている。一つは、ジンギスカン時代のおぞましく残酷な大量虐殺と奴隷貿易 二つ目は、あまりの残酷さ、無慈悲さのゆえに?、モンゴルをまともに相手にしようとする国が現れないことである。―― 参考情報 ―――…

続きを読む

森友騒動  今すべき13の世論調査

森友騒動について、精緻な世論調査が必要な政治情勢であると思う。 実際、森友騒動の核心が辻元疑惑であることがわかったのは今月末である。辻元清美がかかえる数々の疑惑については、マスコミは不報道状態にあり、この不報道状態で実施される、マスコミが実施する世論調査では国益に沿わないと考えたので、今回、世論調査項目と回答内容について作成、出稿することとした。13の質問事項を選定し、それぞれについて4つの回答…

続きを読む

横綱白鵬の暴力相撲  勝負哲学はジンギスカン時代と同じ?

今回は、趣向を変え、相撲について論じたい。 本稿、相撲界に蔓延る「暴力相撲」に係わる問題提起である。 ここ20年くらい大相撲をテレビで見なくなった。 外国人力士のつっぱり、かち上げで勝負がつき、手口的につまらないからだ。なかでも、モンゴル力士の喧嘩相撲ぶりは、目に余るところがある。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://w…

続きを読む

森友問題の本丸が見えてきた  辻元清美議員ととんでもない仲間たちだった!?

実現すべきこと・すべてのマスコミへの報道要請(報道しないマスコミは放送免許はく奪) ・民進党への質問 ・各党経由で質問趣意書を提出いただく ・民進党の政党交付金返納(民進党が国会でまともな審議をしていないため) ・辻元清美議員の証人喚問さあ、面白くなってきました。民進党解体・消滅なるか? ■辻元清美疑惑(本丸の概況)【鳥肌注意】森友問題の本丸、ガチで『辻元清美』だった!野田中央公園について…

続きを読む

人気記事