生前譲位特例法ーあるべき付帯決議 中川八洋先生のブログをお読み下さい

中川八洋先生が、生前譲位特例法付帯決議文について、提言を行っています。 ご一読下さい。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/05/30/145018“第二共産党”民進党の“真赤な嘘”に洗脳された“スーパー暗愚”高村正彦/茂木敏充──捏造された虚偽事実の特例法「付帯決議」なら、天皇・皇室制度は不可避に解体的消滅の危機に陥る |||||||||||||||||||||||||||| あるべき正しい「付帯決議」政府においては、皇室の悠久の御繁栄と皇統がさらなる万世に護持されるよう、旧皇族の復籍を可及速やかに実現するための検討を行い、その検討結果を国会に報告すること。   |||||||||||||||||||||||||||| 本ブログ読者へのお願い。本稿と前稿を次の国会議員にFAXされたい。   FAXは、国会議員会館の個人事務所宛てが確実。役職の場所宛ては、必ずしも本人に届かない。○ 高村正彦;03-3502-5044○ 茂木敏充;03-3508-3269○ 大島理森;03-3508-3932                                        (5月27日記) ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| かく提言する理由の詳細解説は…

続きを読む

女性宮家検討問題  とっくに「不要」と検討が済んでいることを拡散せよ

女性宮家問題、政権与党は、民進党の要望を受け入れたようだ。産経はかく報道した。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.sankei.com/politics/news/170530/plt1705300030-n1.html特例法案付帯決議案で自民・民進が大筋合意 女性宮家の創設等「特例法施行後速やかに検討」 自民、民進両党は30日、天皇陛下の譲位を可能にする特例法案の付帯決議案について大筋で合意した。「女性宮家の創設等」の検討を政府に求める一方、検討を開始する時期は特例法「施行後」に速やかに行い、検討結果も「速やかに国会へ報告」するとしたた。6月1日に衆院議院運営委員会で特例法案の審議を行い、2日の本会議で通過させる方針も確認し、今国会での成立が確実な情勢となった。 合意した付帯決議案は議運委の佐藤勉委員長(自民)が29日に示した内容のままとなった。民進党は具体的な検討の時期の明記を求めていたが、議運委与党筆頭理事の高木毅氏(自民)と野党筆頭理事の泉健太氏(民進)らが断続的に協議した結果、最終的に委員長案で折り合った。 自民党は当初、「女性宮家の創設等」の明記について、一度の例外もなく続く男系男子の皇位継承を壊す第一歩となる恐れがあるとして難色を示していた。一方、民進党は明記を求め、さらに特例法「成立後」速やかに検討し、「1年をめど」に国会へ報告するよう求めていた。 付帯決議案は「安定的な皇位継承を確保するための諸…

続きを読む

JASRAC問題  著作権料の過徴収?・二重取り? やめさせるべきだ!

本稿、著作権料に係わる、過徴収、二重取りに係わる私的見解。 一般論的には、分野を問わず、社会的には、過徴収、二重取りは問題視されている。 本稿で指摘するケースは、そのどちらかに該当する可能性を予見?したので、共有化すべく出稿することとした。 音楽教室で使用する楽譜については、著作権料が支払われている関係で、音楽教室関係者は、二重取りをやめて欲しいと訴えている。―― 参考情報 ――――――――――JASRACは音楽教室からの著作権料二重取りを止めてください! http://hiroseto.exblog.jp/25324271/――――――――――――――――― 別のケースで考えたい。黒田三郎という有名な詩人が書いた、代表的な作品に「紙風船」とい詩がある。―― 参考情報 ――――――――――黒田三郎 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E4%B8%89%E9%83%8E―――――――――――――――――実は、この「詩」、「歌詞」にもなっている。 私と同世代の人は、覚えていらっしゃるはずだ。 カラオケがまだ、一般的でなかった時代、夏休みのイベントなどでみんなで歌われた方、そういう思い出を持たれている方がいらっしゃると思う。 私は、あまり好きではなかったがいい「詩」だと思う。また、黒田三郎の詩集で楽曲化されたものがいくつかあるそうだ。 つまり、黒田三郎のケースについては、オリジナルは「詩」であり、楽曲化されたことで「歌詞」として扱われて…

続きを読む

人気記事