皇室ブログ・ランキング急上昇中  保守と左翼の最終決戦が始まった!

最近、皇室系ブログの筆頭格「BBの覚醒記録」が政治ブログランキング再登録した。 再登録でいきなり4位とは凄い。 昨今の皇室周辺の状況などから、ブログ「BBの覚醒記録」は、注意喚起を促し、援軍を求める意図で、ブログランキング再登録したと解している。 そして、残念なことだが、政権は、保守系ブロガーの意図を汲み取ろうとしていない。 皇室系ブロガーの数は、意外に多い。驚くなかれ、皇室問題に特化したブログが多いのだ。多くの政治ブロガーがともすれば、つまみ食い状態、テーマが日替わりのものが続出しているのに対し、皇室系ブロガーは覚悟を以て取り組んでいるようだ。ランキング的には、先日、ランキング再登録し直し、トップ10入りのものが一つ。 ランキングで20位前後のものが二つある。ランキング登録してなくても、それなりのアクセスのものもある。時々であるが、訪問し、皇室問題について情報入手を心がけているブログは以下。―― 参考情報 ――――――――――○BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。 http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001○これでいいのだ日記part2 http://koredeii.com/○伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」 http://blog.goo.ne.jp/duque21○伏見顕正の政経塾 http://fushimi.hatenablog.com/○でれでれ草 DereDre Gusa http://e-vis.hate…

続きを読む

防衛利権 輸出拡大を主導・左遷された防衛省背広組の視点から読み解くと………

本稿で分析する素材は、田母神俊雄と一見無関係の存在に思われている、左遷された防衛省背広組の官僚「堀地徹」の周辺に係わるものである。 本稿では4つの視点から、左遷された防衛省背広組の官僚、堀地徹の周辺状況について、分析を試みる。 ■分析1 そもそも、なぜ田母神選対に小沢と近い人が配置されたのか田母神選対に、小沢事務所の関係者が配置されていたことが明らかになっている。その方は、田母神俊雄だけでなく、小沢とも親しい間柄である。 つまり、その事実を以て、田母神俊雄は防衛利権的には、小沢一派とみなされる可能性がある。 愛国者田母神とそう愛国者でもなさそうな小沢。どうして繋がるのか?自民党防衛族は、半島寄りだらけである。聞き分けのないこと、陰で変な要求をする族議員だらけであったとしよう。一方、自衛隊側において、ある機器について装備的にどうしてもこうしておいて欲しいという切実なニーズが存在し、それを実現したいとすれば、どう動くべきかということになる。 話を聞いてくれる議員のところであれば、政党問わず駆け込むだろう。そして、道理として国家としてこうあるべきだ、○○先生、なんとかご配慮いただけないか、と話すだろう。そう話す、その横に、とある防衛商社が同席する、あり得ないことではない。 議員というのは、そういう立場にある場合、必ず見返りを要求する、族議員なら特にそうだ。が小沢一郎はどうか、意外に、そういう場面で、(早急かつ露骨に見返りを求めるようなことはせず)懐が深そうな政治家として対応しそうな気がするのである。よっ…

続きを読む

戦前も戦後も高級軍人だちは賄賂漬けだったのではないか?

必ずしも賛同する訳ではないが、山本五十六は賄賂を受け取った高級軍人の1人だとする説がある。―― 参考情報 ――――――――――山本五十六 賄賂軍人説について  http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-169.html――――――――――――――――― さて、10年ほど前に東京地検が捜査した山田洋行事件があった。山田洋行という会社は、数々の賄賂をあちこちにばら撒いた会社であることがわかる。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%B4%8B%E8%A1%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6^ 【防衛専門商社】「山田洋行」の内紛を追う 2.^ 防衛族団体側に1億円か 山田洋行 毒ガス処理 協力費名目で支出 3.^ 社団法人日米平和・文化交流協会 外務省 4.^ 社団法人 日米平和・文化交流協会 理事名簿2007年10月31日版 5.^ 「山田洋行、商品券で裏金づくり 子会社利用、接待費工面か」 中日新聞2007年10月24日。 6.^ 「元長官2人側へ200万円 山田洋行の「車代」支出」 河北新報2007年11月1日。 7.^ a b c 「エンジン調達巡り久間氏の指示が判明」 TBS、10月30日。 8.^ 「久間防衛相辞任で窮地? 防衛省現役幹部の奇っ怪な行動詳報」 ア…

続きを読む

政権は「旧世代防衛族=石破茂他」の一掃を目指している?

田母神俊雄逮捕・起訴事案に関連して、「けぶり」さんという方から頂戴した情報から、周辺状況分析していくうちに、政権中枢と防衛族議員の力関係において、従来にない異変が発生?、政権中枢は、旧世代防衛族議員総入れ替えを目指している気配濃厚と判断、公開されている情報を組合せ、シナリオ化を試みた。 各党に亘る族議員リストを見つけた。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016528015sasawawazazaさん2008/5/1511:20:31 . 政治家の族を一覧で教えて下さい。keizer1118さん2008/5/1511:28:03主な人物は以下のとおりです。(敬称略)大蔵族     自民党 小泉純一郎、青木幹雄      民主党  藤井裕久 建設族・道路族         自民党  古賀誠、二階俊博、山本有二、青木幹雄、伊吹文明、町村信孝         民主党  渡部恒三、大江康弘、山下八洲夫         国民新党  亀井静香、綿貫民輔運輸…

続きを読む

与謝野馨元衆院議員が逝去されました

与謝野馨元衆院議員が逝去されました。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240019-n1.html与謝野馨元衆院議員が死去 閣僚歴任、与謝野鉄幹・晶子夫妻の孫 政策通として知られ、内閣官房長官や財務相などを務めた自民党の与謝野馨元衆議院議員が24日までに死去していたことが、分かった。78歳だった。 与謝野氏は東京都千代田区生まれ。東大法学部卒業後、中曽根康弘元首相の秘書を経て、与謝野氏は昭和51年の衆院選で初当選。文相や通産相や官房長官、財務相などを歴任した。 平成22年、自民党を離党し、たちあがれ日本の結成に参画。23年に菅直人第2次改造内閣の経済財政担当相に起用され同党を離党した。24年に病気療養のため議員を引退。今年5月1日、自民党に復党した。 父は、昭和39年東京五輪の組織委員会事務総長も務めた与謝野秀元駐イタリア大使。母は随筆家の与謝野道子氏。祖父母は歌人の与謝野鉄幹、晶子夫妻。||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 与謝野元議員については、一般的には愛国議員であると認知はされていません。民主党政権時代の経済財政政策担当大臣就任、その後の増税路線のレールを敷いたこともあり、保守層の評価は今一つです。が、私は、多少の政策の違いを越えて、与謝野先生の存在、特…

続きを読む

人気記事