[皇室解体]裏切りのシナリオ あなたは許せるか?

本稿で書かれている情報については、事実かどうかまで確認はとれていない。現象的なアプローチをベースとする分析となる。基本的には、推論レベルとお考えいただきたい。 今国会、生前退位特例法案について、自公と維新は女性宮家にこだわらず、民進党が特にこだわる動きを見せている。その理由は、一連のシナリオを描いてきたのが、北朝鮮=辻元清美と考えると説明がつく。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000152-mai-pol<退位>自公「女性宮家」明記せず 付帯決議案 毎日新聞 5/26(金) 23:25配信    <退位>自公「女性宮家」明記せず 付帯決議案 安定的な皇位継承を巡る付帯決議の与野党見解  ◇民進党との溝は埋まらず 29日に再協議 天皇陛下の退位を実現する特例法案を巡り、自民、公明両党は26日の衆院議院運営委員会理事会で、安定的な皇位継承に向けた付帯決議案を示した。女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」は明記せず、政府が行う検討結果の国会報告の期限も設けなかった。すでに「女性宮家」の明記案を公表した民進党との溝は埋まらず、週明けの29日に再協議する。【光田宗義、樋口淳也】 これまでは自民、民進両党の議運委筆頭理事が交渉しており、理事会で協議したのは初めて。自民、公明、民進、共産、日本維新の会の5党が出席した。 「正…

続きを読む

東芝破綻と「あの事件」は繋がっている???

本稿は、東芝破綻が防衛利権の世界における暗闘の結果、予期されたものであること、東芝破綻と防衛利権の中で10年前に起きた「あの事件」が防衛利権的に繋がっていることを示唆する目的でまとめたものである。 まず、防衛利権に係わるメーカーが、産業界において如何なる位置づけであるのか、特定の2社(1社は東芝、もう1社は後述)に絞って、述べさせていただく。 総括的に言えることは、国産の防衛機器メーカーは、戦前は軍事機器メーカーであり、戦後は軍事機器だけでなく重電メーカーでもあったことだ。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200711102003236わが国の兵器生産は三菱重工、川崎重工、三菱電機、石川島播磨重工、東芝、日本電気など少数の巨大企業に集中している。半面、兵器のエレクトロニクス化に象徴されるように高度の技術集約化が進むにつれて、技術力の高い中堅企業の防衛分野への進出もみられ、軍事関連企業数は年々ふえている。こうして防衛産業のすそ野は着実に広がりつつある。  このことは、とりわけ景気低迷期には産業界に軍需への期待を抱かせ、それがまた防衛費を突出させていくという、双方のもちつもたれつの関係が成熟する危険なコースへと踏み込んでいく。||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||この文章に載っているメーカー、…

続きを読む

皇室ブログ・ランキング急上昇中  保守と左翼の最終決戦が始まった!

最近、皇室系ブログの筆頭格「BBの覚醒記録」が政治ブログランキング再登録した。 再登録でいきなり4位とは凄い。 昨今の皇室周辺の状況などから、ブログ「BBの覚醒記録」は、注意喚起を促し、援軍を求める意図で、ブログランキング再登録したと解している。 そして、残念なことだが、政権は、保守系ブロガーの意図を汲み取ろうとしていない。 皇室系ブロガーの数は、意外に多い。驚くなかれ、皇室問題に特化したブログが多いのだ。多くの政治ブロガーがともすれば、つまみ食い状態、テーマが日替わりのものが続出しているのに対し、皇室系ブロガーは覚悟を以て取り組んでいるようだ。ランキング的には、先日、ランキング再登録し直し、トップ10入りのものが一つ。 ランキングで20位前後のものが二つある。ランキング登録してなくても、それなりのアクセスのものもある。時々であるが、訪問し、皇室問題について情報入手を心がけているブログは以下。―― 参考情報 ――――――――――○BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。 http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001○これでいいのだ日記part2 http://koredeii.com/○伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」 http://blog.goo.ne.jp/duque21○伏見顕正の政経塾 http://fushimi.hatenablog.com/○でれでれ草 DereDre Gusa http://e-vis.hate…

続きを読む

人気記事