与謝野馨元衆院議員が逝去されました

与謝野馨元衆院議員が逝去されました。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240019-n1.html与謝野馨元衆院議員が死去 閣僚歴任、与謝野鉄幹・晶子夫妻の孫 政策通として知られ、内閣官房長官や財務相などを務めた自民党の与謝野馨元衆議院議員が24日までに死去していたことが、分かった。78歳だった。 与謝野氏は東京都千代田区生まれ。東大法学部卒業後、中曽根康弘元首相の秘書を経て、与謝野氏は昭和51年の衆院選で初当選。文相や通産相や官房長官、財務相などを歴任した。 平成22年、自民党を離党し、たちあがれ日本の結成に参画。23年に菅直人第2次改造内閣の経済財政担当相に起用され同党を離党した。24年に病気療養のため議員を引退。今年5月1日、自民党に復党した。 父は、昭和39年東京五輪の組織委員会事務総長も務めた与謝野秀元駐イタリア大使。母は随筆家の与謝野道子氏。祖父母は歌人の与謝野鉄幹、晶子夫妻。||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 与謝野元議員については、一般的には愛国議員であると認知はされていません。民主党政権時代の経済財政政策担当大臣就任、その後の増税路線のレールを敷いたこともあり、保守層の評価は今一つです。が、私は、多少の政策の違いを越えて、与謝野先生の存在、特…

続きを読む

真面目な改憲論議が導くもの  官邸は論点整理し改憲表明した!

最近、読んでいるブログ等において、真面目に改憲を論じたものが激増しているようだ。ざっと、であるが紹介する。 全部読む必要はない。タイトルの文意などから、これは!と思うもののみ一読いただければと思う。 ―― 参考情報 ―――――――――― ■政治の技術としての視点から加憲という手法を眺めたもの安倍晋三首相「自衛隊加憲」にネタ本あった? 9条に3項“耐震補強”で初の憲法改正実現 http://www.sankei.com/premium/news/170523/prm1705230001-n1.html安倍首相は「政治の技術」を駆使、「憲法改正」の筋道を見出した!! http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-450.html ■リアリストの視点からの加憲論政府による現行防衛体制は狡知(巧知)のなすところ http://blog.livedoor.jp/masaoka2010/archives/15778091.html安倍首相 匍匐前進から膝歩き前進へ http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4373.html安倍首相の改憲は「蟻の一穴」作戦か http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4388.html ■自主憲法制定、真正保守的視点からの改憲論鹿児島講演会が盛況に終了  軍隊を持てない国家として日本を固定化する安倍案 http://blog.livedoor.…

続きを読む

田母神俊雄有罪判決  やはり防衛利権絡み?

田母神俊雄に有罪判決が下された。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.yomiuri.co.jp/national/20170522-OYT1T50020.html?from=ytop_top田母神被告に有罪判決…都知事選巡る買収事件 2017年05月22日 10時25分  2014年2月の東京都知事選を巡る選挙運動員の買収事件で、公職選挙法違反(運動員買収)に問われた元航空幕僚長の田母神たもがみ俊雄被告(68)に対し、東京地裁は22日、懲役1年10月、執行猶予5年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 有罪判決に関して、4つの仮説を立てたい。① 防衛利権上、アメリカにとって都合が悪い言論人の抹殺 ② 衆議院選挙で公明党選挙区で自公分断を主張された仕返し ③ 安定的議席を獲得したい政権側の意図 ④ (金銭的支援を拒んだ)かつての同志の個人的な恨み②~④については、ここで書かずともタイトルだけで大凡のことが推定可能と考えるので、 本稿では、より状況複雑とみられる、①防衛利権に的を絞って、考察を進める。 防衛利権という視点から、事の次第を追っていくと、外せない本がある。10年前の山田洋行事件で有罪判決を受けた、防衛フィクサーと言われる、秋山直紀が書いた「防衛疑獄」という本である。 本に書かれているポイントを参照し…

続きを読む

人気記事