都議選のポイント 自民党は劣勢をハネ返し民進党を壊滅できるか?

都議選、世論調査では、都民ファーストが自民党を上回る支持率となっているそうだ。 私は、これに納得しない。 逆風でも自民党が第一党を獲得する結果となることを望んでいる。都民ファーストに勝たせてはいけないのである。―― 参考情報 ――――――――――小池ファーストに勝たせてはいけない http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4428.html―――――――――――――――――小坪しんや議員は、かく分析している。―― 参考情報 ――――――――――都議選と、豊田”事件”のタイミング、都民ファーストと自民支持者、そしてメディアの動き。2017年6月26日 https://samurai20.jp/2017/06/toyoda-2/―――――――――――――――――小坪しんや議員は、谷垣総裁を裏切り、谷垣総裁が総裁戦出馬できない状況に追い込んだ、石原伸晃について批判的である。 谷垣元総裁、現在、人前に出る機会はないようだ。 谷垣総裁の時代、自民党は本当に苦しかった。離党者が続出した。議席も減った。政党交付金も減った。 そんな状況で、谷垣総裁は有志議員を引き連れ全国行脚、街頭演説にて自民党各支部を自民党支持者を鼓舞、激励し、自民党党内および支持者の結束を何度も呼びかけた。 野党自民党ではあったものの、野党時代の地方選、本当に強かった。 谷垣総裁、お世辞にも演説はうまくはない。が、そのお人柄があってその言葉が語られ、多くの有権者が選挙にて、再び自民党に託そうという盤…

続きを読む

共産主義思想の文系学者たちを追撃せよ

戦後、共産主義者たちとGHQが緊密に連携し、諸方策が採用、公職追放によって在日朝鮮人そして左翼系の人たちは大量にポストを得た、と言われている。 学術分野的には、古代史、皇位継承学、憲法学、国家神道論において、公職追放の影響があることを最近強く意識するようになった。 古代史において、津田左右吉の影響を受けた、共産主義思想の学者の学説について、大平裕はその著作にて、学説上の問題点を指摘している。「歪められた日本神話」(萩野貞樹)において、彼らの学説、検証手法、学問的姿勢について、具体的にどういう問題があるのか読む事ができる。―― 参考情報 ――――――――――古代史歴史学者の学説、学問的姿勢に係わる問題点  http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-271.html――――――――――――――――― 共産主義思想の憲法学者たちが皇位継承学をないがしろにした問題については、中川八洋がその経緯について分析した。―― 参考情報 ――――――――――【皇室問題】  憲法学者が悪さをしたのは「9条改憲阻止」だけではない! http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-506.html――――――――――――――――― 憲法で規定する、天皇に係わる条項が存在するのに、共産主義思想に被れた憲法学者たちは、それにふれようともせず、天皇制について、否定的な研究態度を示してきたこともわかってきた。―― 参考情報…

続きを読む

凶暴な女たち  豊田真由子はなぜああなったのか?

※「第一稿にて、石田ゆり、と表記した箇所について、コメント頂いた方から「石田ゆり子」の間違いではないかと指摘」があり、管理人の錯誤であったことを確認、6月26日15時50分当該箇所訂正しました。 ※「助長する」という動詞について、コメント頂いた方からの指摘により、6月27日6時25分削除しました。 本稿、女性批判記事である関係で、いらぬ批判を受けることを回避すべく、男については男、女については女性と表記する。 自民党豊田議員のことがネット界で話題になっている。―― 参考情報 ――――――――――豊田真由子の最凶伝説がヤバすぎる…【音声あり】秘書が20人辞める 夫や子供 https://saisin-news.com/toyotamayuko-saikyoudennsetu/―――――――――――――――――経歴的には素晴らしい、が言行は、とんでもない。そういう評価となった。 もはや公職を得ることは不可能だろう。豊田真由子 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E7%9C%9F%E7%94%B1%E5%AD%90小坪しんや議員は、他にもトンデモナイ事案があるとしている。―― 参考情報 ――――――――――【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない新情報【許せなかったらシェア】 https://samurai20.jp/2017/06/toyoda/―――――――――――――――――森友、加計に続く、一騒動になりそうな…

続きを読む

人気記事