女性宮家創設「不要論」資料集 3人の言論人の提言&皇族の意見他

本稿、女性宮家創設「不要論」資料集である。―――――――――――――――――本稿資料目次① 櫻井よしこの提言 ② 竹田恒泰の提言 ③ 百地章の提言 ④ 平成24年の寛仁親王家の長女・彬子(あきこ)女王殿下のご発言(毎日新聞単独取材) ⑤ 三笠宮家の寛仁(ともひと)親王殿下の独占会見「天皇さま その血の重みーーなぜ私は女系天皇に反対なのか」(『文芸春秋』平成18年2月号) ⑥ 皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理―――――――――――――――――経緯的には、「女性宮家創設 ここが問題の本質だ!」(日本会議編)を参照いただきたい。   資料的に、これだけあれば、十分だと思う。 ① 櫻井よしこの提言||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||櫻井よしこ 「 官邸でヒアリング『女性宮家』への私の問題意識 」 http://yoshiko-sakurai.jp/2012/04/26/3713賢く大胆な方策しかしいま、私たちはかつてとは正反対の状況に置かれている。皇族が多すぎた時代から反転して、皇族方がいなくなるかもしれない初めての局面に立たされている。高熱の病人には氷枕をあてるが、体の冷えきった病人は毛布でくるんであたためてやらなければならない。状況が正反対なら、手当が正反対でもおかしくない。この前代未聞の危機に直面して、臣籍降下した旧皇族は皇族に復帰出来ないという従来の決まりをそのまま当てはめるような硬直した考えでは、問題は解…

続きを読む

なぜあの人は北朝鮮を意識するのか?

「北朝鮮外務省、在日米軍以外の攻撃も示唆との報道」が読売から配信された。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.yomiuri.co.jp/world/20170530-OYT1T50057.html?from=ytop_main3北朝鮮外務省、在日米軍以外の攻撃も示唆2017年05月30日 13時47分 【ソウル=宮崎健雄】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は29日、日本が北朝鮮への制裁圧力を強めていることに対し、「日本にある米国の侵略的軍事対象(米軍基地)だけが我が軍の照準に入っているが、敵対的に対応するなら標的は変わるしかない」との談話を出した。     在日米軍以外も攻撃する可能性を示唆してけん制した。 談話は、イタリアで開かれた主要国首脳会議(タオルミーナ・サミット)で日本が圧力を強めるよう呼びかけたことなどに対して反発し、「我々の自衛的措置に言いがかりをつけ、意地悪く振る舞っている」と批判した。2017年05月30日 13時47分||||| ここまで引用 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| これによって、北朝鮮を意識した言論人の言動は、怪しまなくてはならない状況となった。公安調査庁が、国内の北朝鮮関係団体の動向について、毎月のレポートにて記述しないことは(拙ブログは再三指摘)、政府機関として許されない状況となった。ただ、政治の世界、表…

続きを読む

人気記事