首相訪韓の黒幕・日韓合意の黒幕・慰安婦問題の黒幕  みんな同じだった?(その2)

本稿は首相訪韓の黒幕・日韓合意の黒幕・慰安婦問題の黒幕 みんな同じだった?(その1) http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-843.htmlの続編。「日韓合意の黒幕」の存在と意図に係わる推論である。 ■シナリオ2 慰安婦問題日韓合意を指示したのはアメリカの誰なのか?慰安婦問題日韓合意については、アメリカからの指示があり、安倍首相は従い合意に至った。保守ネット界の通説的にはそうなっている。国民の大多数は、年末、御用納め直後であるタイミングでの合意であることに驚いたはずだ。 安倍首相、河野大臣は、韓国政府の再交渉の目論見に対し、耳慣れない「最終的かつ不可逆」というキーワードを多用している。日本政府にとっては極めて都合がいいキーワードであるようだ。 日韓合意の合意内容とその誠実な履行について「最終的かつ不可逆」であることは絶対に死守すべきものであることは確かだ。ただし、「最終的かつ不可逆」というキーワード、外交的かつ国際法的にどういう事例があるのか、興味がある。「最終的かつ不可逆」とは高度に洗練された外交用語であり、外交的措置であると私は評価する。誰が、「最終的かつ不可逆」というキーワードを編み出したのか考えなくてはならない。おそらく、世界各国の外交をコントロールできるだけの知恵と能力を備えた人物の発案であろう。 見方を変えたい。 実は、「最終的かつ不可逆」でなければ困る組織が、日本の他に、もう一つ存在すると考えたい。 慰安婦問題を、ビジネス…

続きを読む

首相訪韓の黒幕・日韓合意の黒幕・慰安婦問題の黒幕 みんな同じだった?(その1)

安倍首相の訪韓。暗殺リスクがあることを確信している。 それは、北朝鮮系だと皆様思われているだろうが、実はそうではないようだ。 正確には、何者かに指示された北朝鮮系を装う人物と書くべきだろう。 それを説明すべく、情報収集している。 なぜそうするのか? 多くの政治家、言論人が、安倍首相の訪韓反対は表明するものの、その背景にある真相分析を試みようとしないからである。私も首相の訪韓には反対である。心情的には絶対反対。 しかし、安倍首相がもし世界支配層の指示を受け、やむなくそう判断、行動している場合、政権支持する我々が今為すべきことは何であろうか?訪韓絶対反対を官邸に表明、メールすることであろうか? それでは弱すぎると思う。批判スキルしかない言論人ならその次元でもいいだろう。拙ブログは提言をモットーとするので、国益的に日本が得する「何か」を見出し、それとセットで官邸メールすべきとのスタンスである。つまり、「訪韓絶対反対」ではなく、「訪韓には反対であるが、竹島については朝鮮半島有事において、在日米軍が駐留することを日米首脳として伝達する」またとないチャンスではないか?と言いたいのである。 そうした取り組みの中、世界支配層に近い、ある人物がそう考えたであろう、シナリオがうっすらと見えてきた。かなり長くなるため、分割して出稿させていただく。本稿では、直近の事案、首相訪韓を指示した黒幕の存在について言及する。 ■シナリオ1 安倍首相に訪韓指示した黒幕はアメリカの誰なのか?産経記事によれば、安倍首相に訪韓指示した…

続きを読む

安倍首相訪韓  暗殺リスクあるが「竹島奪還に繋がる妙案」あり!?

安倍首相の訪韓、どう見ても貧乏くじである。 はっきり申し上げて暗殺リスクが予見される。もし、アメリカの指示で訪韓させられ、本当に暗殺されてしまった場合、日本国民は、暗殺の黒幕は、●●●●であることに気づくことになる。 産経によれば、政府高官によると「ペンス副大統領と一緒に開会式に出席して欲しいとするアメリカホワイトハウスからの強い要請によるもの」とされている。―― 参考情報 ――――――――――安倍首相の平昌行き決断に失望  表向きは文大統領への慰安婦問題抗議 裏にアメリカの意向 http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4693.html安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」 http://www.sankei.com/politics/news/180124/plt1801240004-n1.html―――――――――――――――――アメリカ副大統領が訪韓する。アメリカ大統領が開会式に参加せず、日本政府に参加させるのは、トランプ自身が暗殺リスクを避けたいことの他に、「韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮融和政策に走らないようクギを刺したいアメリカが、副大統領のパートナーとして安倍首相を指名した」との政府高官情報がある。この情報を真に受けると、どうやら、アメリカ政府としての外交力が低下しつつあり、安倍首相を頼りにせざるを得なくなったアメリカ政府の事情が見えてくる。どう韓国を扱ったらいいのか?…

続きを読む

安倍首相 平昌五輪開会式出席・日韓首脳会談の外交的意図

私は、安倍首相の訪韓反対であるが、訪韓に係わる首相の外交的意図、政権周囲の思惑等についての分析結果を読者の皆様と共有すべく、出稿するもの。 自民党内の議論でも大方、韓国行きを疑問視する意見が大勢を占めたようである。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 小野田紀美【自民党 参議院議員】‏2認証済みアカウント™ @onoda_kimi 日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会・外交部会合同会議でした。安倍総理の平昌五輪参加について様々な報道があり、中には自民党内は参加に前向きなどという報道もあるそうだが、ありえない。本部会にて全員が「絶対に止めるべきだ、行くべきではない」と参加に強く反対する意見でした。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| が、安倍首相は、圧倒的支持率と大多数の嫌韓世論を背景に、平昌五輪開会式出席・日韓首脳会談を決断したようだ。 もう一つある。それは、アメリカ国務省、キッ●ンジャー、ないし在日米軍からの指示でそうなった可能性がある。あるいは、訪韓が中国側から北朝鮮制裁協力の交換条件だった可能性もある。二階幹事長が訪韓に積極的に言及したのはそのためではないのか? ただ、訪韓を決断し、日韓首脳会談に臨む、安倍首相としての外交的意図をこう解している。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・国民は安倍政権を圧倒的支持率で…

続きを読む

貧乏くじはそこらじゅうに転がっている  老後を何に求めるか

山一證券の飛ばし事件の、最終処理を引き受けた、業務監理部門の方々は、総じて「自分たちは、貧乏くじを引いたのではない」と「しんがり」(清武英利)という本のあとがきの記述を見つけ驚いた。 過去数十年の間の大型倒産というと、大沢商会、北海道拓殖銀行、長期信用銀行、山一證券などがある。それぞれ知り合いがいた。長期信用銀行の方は、知り合いになると交際費で?奢ってくれた。いい会社だと思った。 また、会社の経理屋や苫米地英人の本にて、我が国インフラ整備について、長期信用銀行が果たしてきた役割に気づいている。 倒産はしなかったものの、日産自動車、三菱自動車あたりに就職した同期生は、きっと大多数リストラされたに違いない。さて、上記倒産企業の一人と同窓会で会って話をしたことがある。が、企業倒産やリストラで人生が破壊されたという印象はない。不思議なことだと思ったが、山一證券の従業員の冒頭の話から納得した。外資系だけで何社も転職した方もいるが、実に明るい。転職太りしている印象だ。 一方で、当時の人気の一流企業ソニーに就職したものの、万年ヒラ社員という方もおられる。大学時代、成績優秀で賞を取り、国家公務員試験に合格できたものの、席次的に中央官庁配属とならないことから、自治体に就職、目出度く議会対応するレベルに出世したものの、役所全体の給与引き下げのせいで給与的には恵まれない方もいる。 業績悪化が表面化する直前に、結構な額の住宅ローンを組んで、給与引き下げで首が廻らなくなった人もいる。 少し脱線してしまった。 山一證券…

続きを読む

人気記事