判決がおかしいのか? 該当法がないのが問題なのか?

不発弾の撤去費用に関する地裁判決が出た。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-20041205-kantelev-l27不発弾の撤去費用 「市や国に負担する義務なし」2/26(月) 20:04配信関西テレビ大阪・ミナミで見つかった不発弾の処理をめぐり、土地の所有者が大阪市と国に撤去費用の負担を求めた裁判で、裁判所は「市にも国にも負担の義務はない」として訴えを退けました。3年前、大阪・ミナミのマンションの工事現場で、戦時中にアメリカ軍が落としたとみられる1トン爆弾が見つかりました。この不発弾を処理する際に積まれた土のうや警備員を配置するための費用約580万円は土地の所有者が支払いました。土地の所有者はその後、「不発弾の撤去は戦後処理の一環で、行政が責任を負うべき」として大阪市と国を相手に裁判を起こし、費用の負担を求めていました。判決で大阪地方裁判所は「市が費用を負担すると定めた法令はなく、アメリカ軍が投下した爆弾について国が撤去すべき義務を負っているとも言えない」との判断を示し、原告の訴えを全面的に退けました。||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 皆様の見解はどうであろうか? 私は、費用負担に係わる法律が整備されていないことが問題であるとみている。 ただ、立法処置的には、費用負担に…

続きを読む

「コメント非公開・禁止措置」運用マニュアル

拙ブログの読者の中に、ブロガーが相当数おられることを意識し、標記テーマにて、マニュアル様式にて出稿させていただくこととした。 拙ブログ、開設以降、批判的コメントについても議論対象とし、コメント公開する方針だったが、「以下に列挙する、複数の事項について該当する方」、「議論が成立しない方」、「荒らし目的の方」がおられるため、「コメント非公開」ないし「コメント禁止措置運用」を実施中である。 なお、FC2は、コメント非公開措置設定、個別にコメント禁止設定可能な機能を有している。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「コメント非公開・禁止措置」運用マニュアル(私案) 1.HNの取扱い・HN欄空欄のまま投稿を繰り返される方 ・HNを何度も変えて投稿される方 2.自己紹介の取扱い・自身の政治的立ち位置ならびに自己紹介されず、一方的に質問を続けられるか、合理的根拠の説明なしに批判コメントを続けられる方(自己紹介については、批判的コメントをされる方に対して、お願いしております) ・こちらが、自己紹介を求めても、不誠実な回答をされる方(不審なコメントとみなした場合は、何度も自己紹介を求めることがあります) 3.拙ブログ見解の取扱い・自身の見解は言論の自由の下で保障されるべきだとする一方で、拙ブログの見解を完全否定される方(拙ブログ管理人は投稿者の意見について、公序良俗に反するものでない限り、否定することはしない主義) ・管理人が表明した意見を、意見として尊重しないばかりか、そういう意見を持つことがおかしいと攻撃…

続きを読む

保守言論界のオピニオン・リーダー層の総数

普通は、「保守のオピニオンリーダー」と書くところであるが、本稿では、敢えて「保守言論界のオピニオンリーダー」と表記させていただく。 私は、ある事案をきっかけに、(抗議文書を自前で作成できるという点において)保守言論界のオピニオン・リーダー層は大凡2000人であろうと見立てている。 が、その数は増えない。 なぜか? 自分で分析、自分で考え、自己責任で判断・行動できる方は極めて上質な層であり、そう簡単には増えないとみている。 さて、ケネデイ駐日大使時代、ケネデイ大使による日本侮蔑発言に抗議する電話、手紙、メールの件数が、どれくらいだったか。ご存じであろうか。アメリカ大使館発表の数字だったと記憶するが、大体1600件だった。自らの意志で抗議文書を作成し、抗議の意志を表明された方が1600人いたということである。 もちろん、公務員、大企業の社員は、立場的にそういう抗議活動はしない。密告された場合、人事処遇的に干される覚悟が必要となる。 正論、WILLなどの読者、政治ブログの読者、日本会議会員の中で1600人が日本人として自分の判断にて抗議文書を書き、提出したと私はみている。 実は、もう一つ、興味を以て事態の推移を眺めているケースがある。 保守速報で拡散がなされた、日本学術会議への要請文書への賛同表明事案である。―― 参考情報 ――――――――――日本学術会議は、一部大学による「北朝鮮兵器開発幇助問題」について、全ての大学に調査追求し、再発防止に努めるよう勧告してください https://www…

続きを読む

人気記事