名護市長選挙  奇跡は起きた

名護市長選挙にて、保守が勝利した。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| http://www.okinawatimes.co.jp/articles/gallery/204885?ph=2 http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20180204-OYT1T50148.html?from=ytop_top 名護市長に新人・渡具知氏…移設反対の現職破る 2018年02月04日 22時46分  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設の是非が焦点となった沖縄県名護市長選は4日投開票され、移設を容認する自民党県連などの支援を受けた新人の前市議・渡具知武豊氏(56)(無=自民・公明・維新推薦)が、移設に反対する現職の稲嶺進氏(72)(無=民進・共産・自由・社民推薦、立民支持)を破り、初当選を決めた。  同市長選は、移設反対を掲げる同県の翁長雄志おながたけし知事と政府・与党との「代理戦争」と位置づけられていた。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 前回衆議院選挙結果を眺めると、勝利できたのは奇跡に近い。 http://www.city.nago.okinawa.jp/10/9734.html   与党候補勝利の要因として四つ挙げたい ・対立陣営による選挙妨害 ・公明党が自主投票をや…

続きを読む

人気記事