中共外交官を追い詰める方法 河野外務大臣に期待していること

第二次安倍政権にて外交力が飛躍的にアップしたことは間違いないところだが、当事者だったはずの岸田外務大臣からは、その痕跡を見出すことは難しかった。 岸田大臣は何を遠慮しているのか、当時、何度もそう思った。 後任の河野太郎外務大臣は違った。とにかく、タイムリー、そして歯切れよく、ズバズバ言う。 外務大臣がここまで振る舞えるのか?正直驚いた。ただ、日本にとって鬼門みたいな外交官とどう渡り合うか、気になっていた。かつて駐日大使だった王毅である。 さて、「『こんな日本に誰がした』ー日本の危機と希望ー」という本にて、渡部昇一は王毅とのやりとりについてかく記述している。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||101~102頁渡部昇一日本にシナ事変改変の責任はない実は先週の日曜日、われわれのつくる研究仲間六人ぐらいのところに、中国大使の王毅さんをお招きして、食事をふくめて三時間ぐらいお話と討議をしました。その時、王毅さんは「とにかく小泉さんは靖国神社に参拝しないでください。参拝さえしなければ、もう中国と日本のわだかまりは何もなくなる」と言うのです。そんなことは何度も聞いた話ですから、こちらはのらない。天皇陛下の訪中のときも同じことでした。私は「清瀬弁護人が言ったよううにポツダム宣言は、どこの先進国の法律にも国際法にもなかったことです。だからA旧戦犯はその意味でも存在しないし、それを東京裁判が認めて無理やりやったけれども、それはあとでないことになりました…

続きを読む

人気記事