韓国籍従北スパイ対策が進行中? 日本派は闘っている!?

本稿、多分に主観的作文であることについて、最初におことわりさせていただく。 先日、スパイ天国状態について分析結果を出稿した。―― 参考情報 ――――――――――これだけスパイ天国で果たして先進国と言えるのか?(スパイ工作活動を分類してみました) http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-873.html――――――――――――――――― これに対し、仮にスパイ防止法が法制化されたにせよ、一部のスパイ放置状態は残ると予想した。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━スパイ防止法法制化後のイメージ・世界支配層の代理人として、日本を間接支配するために確保されたスパイ(C●Aエージェント、マスコミなど)は、半減?(絶滅させると世界支配層を怒らせることになりやっかい?) ・ロシア、中共、北朝鮮等の共産主義国のスパイは、99%減 ・我が国を破壊する目的で主に国内で活動するスパイ(帰化・在日が主力、)は90%減(10%はアングラ化?)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 仮にスパイ防止法が法制化できたにせよ、法規制対応上、一番やっかいなスパイ工作要員は、具体的にどれかということになる。 居るか居ないかまで確認できていないが、仮に、4種類に分類されたとする。①C●Aエージェント ②C●Aと兼務のKC●Aエージェント ③KC●Aエージェント ④北朝鮮工作員と兼務状態のKC●Aエージェント①は、日米安保が堅持されている状態で最終排除は難しい?として ②、③、④なら…

続きを読む

人気記事