反日新聞記者マル秘マニュアル≒朝日社説批判マニュアル

朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙の論説主幹、コラムニストが代々引き継いでいるノウハウをまとめると下記の内容ではないかと推定するに至ったので、読者の皆様と共有化すべく出稿することとした。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 悪意の論説文の、作成者の資格要件、作成目的、位置づけ、必要なスキル等(総括編) ●作成者の資格要件 ・唯物史観、高学歴、頭脳明晰なオピニオンリーダーだけが、特権的に作成する資格を有する ●悪意で論説文を作成する目的 ・我が国を、思想的に無防備、法整備的にザル法状態化、国会を機能低下させ、行政機関を劣化させ、軍事的に無防備状態とさせ、一般大衆を洗脳ないし愚民化する、あるいは日本人に日本は悪い国と思い込ませることなどを通じて、21世紀型の共産主義革命を実現すること ・弱者の論理、被害者の論理を駆使した、行政機関、世論、一般大衆の支配(ある分野の支配者であるにも関わらず弱者の論理で支配を継続、あるいは、加害者なのに被害者を装って目的を達成すること) ・GHQ占領支配、東京裁判史観、公職追放後の正当化と戦後支配体制の継続 ●論説文の位置づけ ・上記の実現のために重要なことを重要なものと思わせず、さして重要でないことを重要と勘違いさせ、国家の重要な判断を間違わせ、あるいはその決断を遅らせ、あるいは未来永劫敗戦国として諸外国から外交的に扱われるための手段 ・弱者の論理、被害者の論理を正当化する手段 ・戦後支配体制の継続の手段 ●必要な能力、資質 ・コミンテルン文書を…

続きを読む

人気記事