政治家に陳情するということ

本稿は、一個人が政治家に陳情することを想定、対応結果がどうなるかについてこれまでの対応経験から得られた知見に基づいて記述するもの。訴訟沙汰、騒動に巻き込まれ政治家に処置をお願いする民間人がいる。世の常である。ここでは誰とは書かない。 民事不介入の原則もある。たとえば政治騒動において、本来は明らかにスパイ防止法等で取り締まられるべき趣旨のものであっても、警察は動かず、これを被害者である民間人が何…

続きを読む

活動を主宰するということ

本稿では、『活動論的には、主宰者は「集会する活動」の目的、手段、シナリオ、手順、行程表について明示し、果断なく実行に移すべきであり……………』について詳述を試みる。 巷には、「活動論的にすべきことをしない団体」(すべきことをしないように見える団体)、「結果を出すことを前提としない活動」(結果を出すことを前提としないように見える活動)が溢れている。 一応、保守、愛国の看板を掲げていようと、「す…

続きを読む

流用される個人情報  今の法律のままでいいのか?

個人情報は実態的に常に流用されているとみていいだろう。 たとえば、健康食品を製造・販売する、ある有名企業が、サンプル品と称してしかるべき分量の商品を無料提供を発表する。試しに申し込む。すると、0120で始まる番号から携帯電話に何度か電話がかかってくる。これは仕方がないことである。もちろん、私には電話に出なければならない義務はない。 電話会社の子会社が、親会社の0120のサービスを使い、個人情報…

続きを読む

人気記事