マスコミ不祥事について分析・提言できない論説主幹の問題

今の新聞業界、(在日)コネ入社が長年続いたせいか、能力不足の論説主幹が続出しているように思う。マスコミ業界は、総じて自社の不祥事を、総じて社員教育を徹底することで再発防止するとしてきた。が、似たような不祥事は何度も繰り返されている。 しかし、論説主幹たちがマスコミ業界の不祥事について言及するケースはほとんどない。(朝日、毎日、中日、東京、信濃毎日、北海道、沖縄の二紙は特に!)このことは、マスコミ業界において発生する再発防止対策について、新聞社の論説主幹、テレビ局の解説委員たちは、分析し提言する能力が備わっていないことを意味する。 たとえば、(不祥事が比較的少ない)読売の論説主幹は、業界リーダー、オピニオンリーダーを自認するなら、NHK、朝日、毎日などに集中する不祥事について、再発防止的視点で論説記事を書くべきだった。押し紙比率が高いと噂される新聞社について、「押し紙比率が低い新聞社」が社会正義的視点で記事にすることは、(新聞が公器であるとした場合)論説主幹としての社会的責任でもある。 仮に、読売が真実を報道する、偏向報道しない新聞社だったにしても、押し紙問題が表面化しない様画策する?新聞社でいいはずがない。 ―― 参考情報 ――――――――――元読売弁護団のメンバーが九州各地を転々、「押し紙」裁判で同業他社を支援、「押し紙」隠しのノウハウを伝授か?、業界ぐるみの「押し紙」隠蔽が明らかに http://www.kokusyo.jp/oshigami/12809/―――――――――――――――…

続きを読む

新聞もテレビも見ず気に入った情報だけを見ることは問題ではない  石破茂への反論

マスコミお気に入りの「石破茂」発言は、自民党支持層の逆指標となった感がある。 石破茂がまた、言わないで良い事を言った。 石破茂は、言えば言うほど、自民党支持層におけるアンチ石破派が増えていくような気がする。 ―― 参考情報 ――――――――――【石破茂】新聞もテレビも見ず、自分の気に入った情報だけをネットで見る人が増えている。有権者が正しい情報を仕入れているかというと… http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-45190.html【新聞で真実】共産・小池「新聞を読んで真実が伝われば自民支持にならない」 麻生氏発言に皮肉 http://newsoku318.blog134.fc2.com/blog-entry-7078.html――――――――――――――――― どのメデイアを読むか、記事を読む読まないは基本的に読者が決める事である。 また、記事の内容についての可否判断は、読者が決めることである。 気に入った情報を選ぶのも読者が決めることである。 石破茂は、そんな当たり前の道理もわからないようである。石破茂は、自民党総裁選によって独裁者になりたいようである。 新聞記事を読む義務、テレビニュースを視聴しなければならない義務はないのである! もちろん、新聞記事を隅から隅まで読まなければならない義務もない。 「新聞社の世論調査で、次の総理大臣にふさわしい政治家であるのは石破茂である」と書いてある記事を読む義務はないのである。 「石破茂」が語っているのは、「次の…

続きを読む

書店に行かない・新聞読まない・テレビニュース見ない  マトモな人の選択

麻生副総理が、新聞読まない若者層について言及したので、応援の意味で出稿することとした。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180624-OYT1T50071.html?from=ytop_main3麻生氏「新聞読まない人は自民支持」…不満示す2018年06月24日 18時15分 麻生副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、「はっきりしていることは10代、20代、30代前半、一番新聞を読まない世代だ。新聞読まない人たちは全部、自民党(支持)だ。新聞取るのに協力しない方がいいよ」と述べた。     最近の選挙では若年層の自民党支持率が高い傾向にあるとして、安倍内閣に批判的な新聞への不満を示したものだ。   2018年06月24日 18時15分||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 読売新聞としては不満だろう。 私は読売読者だが、読売の論説主幹向けに、なぜ麻生副総理の発言を支持するのか、書店、新聞、テレビニュースに係わらない理由について、以下に説明する。 ■書店に行かない理由最近の若者は、書店に行かないようだ。私も確認しているが、ジュンク堂の平積み本は、左翼本だらけである。―― 参考情報 ――――――――――ジュンク堂がSEALDsと一緒に反政府活動する本屋だ…

続きを読む

人気記事