災害で機雷化するLPガスボンベ   GPSタグ取り付けしなくていいのか

どうやら、西日本の豪雨災害での教訓から、大規模豪雨災害時、流されたLPガスボンベが、下手をすると機雷化する可能性が出てきたため、本稿では、その対策案について提示させていただく。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://www.yomiuri.co.jp/national/20180717-OYT1T50002.html?from=ytop_topガスボンベが海に流出、200本まだ未回収   2018年07月17日 06時07分 西日本豪雨では、岡山、愛媛両県の被災地で引火性のLPガスボンベ約2400本が川や海に流失し、業者や海上保安部が回収に追われている。大半が回収され、引火や爆発の事故は起きていないが、土砂崩れの現場で埋まっている可能性もあり、経済産業省が注意を呼びかけている。 岡山、愛媛両県のLPガス協会によると、岡山県では高梁たかはし川とその支流が氾濫し、高梁市と矢掛町にあるガス事業者の敷地内から計約1400本のボンベが押し流された。約800本が流された事業所の従業員は「これまで浸水したことはなかった」と語った。 愛媛県では大洲おおず市の肱ひじ川があふれ、約1000本が流失。瀬戸内海を挟んで対岸の山口県の沖合で見つかったボンベもあり、第6管区海上保安本部(6管)が数十本を回収した。 河口や海上の捜索で、16日までに2200本以上を回収したが、海上のガスボンベが船にぶつかれば爆発したり船が破損したりする可能性…

続きを読む

胸部レントゲン検査の精度  健診医の能力の問題?

胸部レントゲン検査で見落としがあったそうだ。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||https://www.yomiuri.co.jp/national/20180717-OYT1T50079.html?from=ytop_main2区委託がん検診で3回連続見落とし、40代死亡   2018年07月17日 21時53分    社会医療法人「河北医療財団」(東京都杉並区)は17日、財団が運営する河北健診クリニック(同区)で行った胸部レントゲン検査で、3回にわたって肺がんを見落とし、40歳代の女性が死亡したと発表した。     同財団によると、女性は2014年と15年、同クリニックで実施された職場の健診を受けた。いずれもレントゲン画像にがんの影が見つかったが、医師は影を乳頭だと判断し、「異常なし」とした。がんが悪化した今年1月にも、同クリニックで区の肺がん検診を受けたが、問題はないと判断されたという。 4月に呼吸困難のため他院に救急搬送され、肺がんだと判明。女性は抗がん剤治療を受けたが、6月に死亡した。 同財団は17日の記者会見で、「影の位置は乳頭としては高く、がんを疑うべきだった。適切な治療ができていれば、良い結果になっていた可能性もある」と説明。河北博文理事長は「3回連続で見落とし、申し訳ない」と謝罪した。(ここまで395文字 / 残り94文字)   2018年07月17日 21時5…

続きを読む

日欧EPAの意外な?経済効果

日欧EPAの調印、意外なことに、日本での調印式となった。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180717-OYT1T50095.html?from=ytop_top「自由貿易の先導役に」日欧EPA、来年発効へ   2018年07月17日 21時49分 安倍首相と欧州連合(EU)の首脳は17日、首相官邸で日本とEUの経済連携協定(EPA)に署名した。国会と欧州議会での承認手続きを経て、2019年初めまでの協定発効を目指す。人口約6億人、世界の国内総生産(GDP)の約3割をカバーする巨大な自由貿易圏が新たに誕生する。 署名式後の共同記者会見で、安倍首相は「保護主義への懸念が高まる中、(日欧の)EPAが利益をもたらすことを示していく」と、意義を強調した。 EUのトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)も、「我々は保護主義に対し、ともに立ち向かう」と語り、自由貿易の先導役となることへの決意を示した。 17日に発表した日欧首脳の共同声明では、鉄鋼などへの輸入制限措置を発動した米国を念頭に、「保護主義に対抗する」とのメッセージも打ち出した。(ここまで346文字 / 残り625文字)   2018年07月17日 21時49分||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 人口比と経済規模でみて、E…

続きを読む

人気記事