今年1年を振り返って思うこと

まず、重要政治日程を参照したい。2018年の重要政治日程 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/11362選挙は国内では、自民党総裁選挙。国外ではアメリカ中間選挙。特段波乱はなかった。 経済的には米中貿易紛争勃発のあおりを受けて、年末に向けて株価は大幅下落で終わった。これについては、アベノミクスが失敗に終わったとの見方をする方がおられたが、戦後の株価の…

続きを読む

極右を自称する保守系メデイア不在で本当にいいのか

日本人による日本人のためと称する、愛国保守メデイアがある。 記者は数人、編集責任者は元愛国保守ブロガー。私は、この愛国保守と称するメデイアとせと弘幸ブログの記事比較を続けている。 愛国保守と称するメデイアは、批判を抑制したお行儀良い分析、心構えを得意とする記事が多い。内容的には方法論が欠落している。今のままでは、来年以降も保守ネット界で話題となることはないだろう。引用したくなる記事がまったく見…

続きを読む

言論人について 寸評

渡部昇一が亡くなり1年半が経過。言論界は様変わりした。 渡部昇一が得意としていた歴史分野について出版ビジネス的にチャンス到来ということで、通史本を発刊されている方がおられるが、歴史観としての歴史の虹、歴史研究スキルが伴っているのか、疑問に思う。 やるなら、渡辺惣樹のように、日本の「アメリカ史の歴史学者」たちをごぼう抜きにするくらいの史料準備、スキルを磨くべきだ。 以下、言論人それぞれに…

続きを読む

人気記事