日中外交関係の劇的変化  戦後外交史の重大事件?

ドイツの新聞ツァイトは、安倍首相はG20参加国みんなの調停役として君臨しつつあるとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【悲報】安倍晋三さん、ドイツから評価「安倍は調停役として適任、みんなのお気に入り」 http://www.watch2chan.com/archives/20190629014037.html ――――――――――――――――― 何…

続きを読む

G20での演出効果 参議院選挙を意識している!?

G20主催国として、会場の狭さ、安物のオフイス什器が気になるところだが、トランプとプーチン、トランプと習近平の間に座る、日本の首相を見るのは、支持者(無条件支持者ではないが)としてはうれしい気分だ。 ―― 参考情報 ―――――――――― https://www.sankei.com/ 【G20】トランプ、安倍、習近平の並びが凄いwwww 近すぎるだろこれ ht…

続きを読む

交通安全旗を撤去し、監視カメラを増強すべきだ

私の近所、あちこちに交通安全旗が掲げられている。全国的にみてもおそらくそうだろう。 自治会が自治会費で毎年、購入している。デザインはいろいろある。 https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E4%BA%A4%E9%80%9A%E5%AE%89%E5%85%A8+%E6%97%97/ https://item.rakuten.co.j…

続きを読む

安倍政権が参議院選挙で勝利する見通しについて

第二次安倍政権は、ここまでは安定的な政権運営だった。 ここにきて、消費税増税を言えば言うほど、自民党だけが損しそうな感じである。国会での憲法改正審議が、暗礁に乗り上げ、日露外交交渉が変調、イラン訪問に際しての襲撃事件があった。 やはり、核武装しなければ外交課題の打開は難しいと思っていたところ、トランプが思わぬ助け船?を出した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【速報…

続きを読む

揺れ動く「プーチン観」 世界を動かしている国の存在

最近、日露外交が変調をきたしている。 安倍首相が最も会談時間が長かったのは、明らかにプーチン。いろいろな話をしているわりに、最近、なぜかプーチンによる足下を見るような言動(領土不返還)、行動(領空侵犯)が目立つ。 もはや、プーチンは、馬淵睦夫が著作でなんども力説した、親日の柔道家で信用できそうなイメージでではない。 最近のプーチン観については、自説を含め4つの説があるように…

続きを読む

人気記事