あの保守派は一体何者なのか

実は、小さい頃近くに住んでいた方で、戦時中のことについて出版活動された、地元の人の素性を調べ始めている。何か匂うというか、敢えて出版した動機が今一つはっきりしないのである。 川崎では、保守、左翼新聞社両方に顔がきく、妖怪?政治屋がいるようだ。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 保守系の重鎮、日本会議神奈…

続きを読む

表現の自由について

本稿では、以下の特定の事象について、表現の自由が制限されるべきだという視点からの私見。 ■あの学者は課題に的確に対応し、成果物を的確に表現したのか かつての保守派の長老、リーダー的存在だった、西部邁はどちらかというと批判オンリーの方だった。私よりも少し上の世代の方々は、西部邁を教祖のよう扱っている方が多い。 私の西部邁評はこうである。「西部邁は、若い時分、ビジネス文…

続きを読む

医療費上昇 三つの見方

医療費の伸びが続いている。どう見るか。 三つの見方ができるように思う。 ■視点1 医療費単体の伸びが問題だとする見方 単純に、医療費の総額が過去最高を更新したことを問題視する見方である。GDPが上昇しようと、老人ウエイトが高まろうと、医療費総額それ自体が伸びていることを問題視する前提でのコストダウン指向の発想である。 ―― 参考情報 ―――――――――― …

続きを読む

人気記事