年末のご挨拶

今年一年間、拙ブログをご訪問いただきありがとうございました。 今年は、毎日一つの原稿を、目的意識を以て書き上げることを念頭に出稿してきました。 政治的には、戦後外交史上、分岐点となった年となりました。後世の歴史家は、今年起きたことは、戦後レジーム打破の動きと捉えることでしょう。 これまでの日韓外交は、日韓で論争状態となった場合(韓国が悪意で以て仕掛けてきた事案であっても)、アメリカは韓国寄りのポジションを選び、日本が忍従を強いられるケースが続きました。が、今年に限っては、安倍政権は、米韓からの圧力をはねのけ、韓国には一ミリも譲歩しない姿勢を取り続けています。 同様に、日中関係も変化が出始めています。それもこれも、(敗戦国としての謝罪は次世代に引き継がせないとした)ポリテイカルコレクトネス的な安倍談話、そして、トランプ政権との相性の良さ、米中貿易摩擦という、状況があって可能なことです。外交的に、日本は大国として扱われるレベルまでになったと思います。 ―― 参考情報 ―――――――――― 海外「日本は眠れる超大国だからね」 米『なぜ中国は今も日本を極端に恐れるのだろうか?』 http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3305.html ――――――――――――――――― 大国という自覚あれば、その影響力の強さを自覚すべきということになります。 大国の政治(国会)において…

続きを読む

時には同盟国を疑ってみることが重要です

いわゆるトンデモ本、陰謀論の本が増えている。そういう類の本を読む機会が増えた。 これらのトンデモ本、すべてが真実ではない。定説とされる歴史観とは異なる歴史観である。 ただし、勝者によって歴史は創られ書き換えられるというジンクスを知ると、定説とは日本史だけでなく世界史においても勝者によって創られた戦勝史観ということになるはずである。 経験的に言えることだが、外交分析上、発想を柔軟にして考察する際、トンデモ史観が非常に役に立つ。決定的情報が少ない場合は特に。 もちろん、トンデモ本に書いてあることが全部正しいとは言わない。が、著者が、なぜそう判断、主張するのか、そう考える動機、経験が少なからずあったはずだ。 そして、歴史学的視点で眺めると、トンデモ史観は、徐々にトンデモ史観ではなくなりつつある。 たとえば、戦前のアメリカ民主党政権が第二次大戦を誘発したとする説は、国内的には、長年トンデモ史観扱いだった。 が、フーバーの「裏切られた自由」の発刊により、様相は一変。 ダイレクト出版から格安の値段で発売された、藤井厳喜が書いた、太平洋戦争の大嘘については、フーバーの「裏切られた自由」という翻訳書刊行という裏付けがあって、以下の見出しの事項は、国内的にはトンデモ史観ではなくなった。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| http://www.worldforecast.jp/lp/fu…

続きを読む

目的は何で主敵は誰なのか?

先日、来年期待したい活動家、言論人について言及した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 来年期待される人(活動家、言論人) https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/472777611.html ――――――――――――――――― 上記にて、団体名がないのは、ここ1~2年、寄付を募って活動する団体活動の地盤沈下が酷く、居るのか居ないのかはっきりしない団体だらけであると認識したからである。 たとえば、NHKに対する抗議活動を日常的に実施している団体が、12月8日締め切りだったNHKパブリックコメントがあるのに、対応方針を示さず、意見提出呼びかけもない。もはや(寄付を募るのがふさわしい)団体とは言えまい。 目的、主敵を見失った活動実態と言わざるを得ない。 右を見ても左を見てもそんな団体だらけで果たしていいのか? 保守系団体の入れ替えないし、団体幹部の総入れ替えを検討すべき時期にきている。 そうした中、「チュチェ思想から国民を守る会」の設立は、これまでの保守活動とは一線を画している。 発起人の中に、それぞれの立場でのこれまでの活動において、結果を出すことにこだわってきた方の名前が多いことである。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://kokumin-mamorukai.com/archives…

続きを読む

人気記事