スパイ言論人の見分け方

本稿は、一般論と思ってお読みいただきたい。 拙ブログは、ある帰化言論人について、ずっと以前から距離を置いて眺めている。 日本刀など日本の古美術品を鑑賞されている方なら、おわかりのこととと思うが、この人物、何かひっかかるものを感じている。 既に、アメリカ政府は大使館が国外退避する事態と判断した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米、中国全土に渡航中止勧告 大使館員らも国外退避 https://www.sankei.com/world/news/200131/wor2001310026-n1.html ――――――――――――――――― この状況で、もし私が帰化中国人で、かつ中共政府を徹底的に嫌っていたとする。 ウイグル問題について、どう情報発信するか? 当然、ウイグル人の生の声を聞き、日本人向けに発信する。 香港問題について、どう情報発信するか? 当然、香港の反政府活動している人たちから情報を得て、日本人向けに発信する。 武漢発生源のコロナウイルスの場合は、どう情報発信するか? 当然、武漢や周辺地域に住む中国人発信情報を探し、真実と思われるものを選び、日本人向けに発信する。 少なくとも、中国から帰化した保守系言論人なら、香港問題、コロナウイルス問題、政府側ではなく、中共政府が一番嫌がる現地住民情報でなければ発信する意味がない。 中共政府が一番嫌がることをしない点に…

続きを読む

コロナウイルス対策強化  陳情書提出が必要です

政府のコロナウイルス対応、すでに手遅れの感がある。 それでもやるべきことはやろうと考え、陳情書として提出できそうなところまでこぎつけた。 ただ、陳情するにしても、今週末くらいが最終期限と思う。どれだけ優れた内容の陳情でも、タイムリーでなければまったく意味がない。 以下、参考文例として作成したもの。 ****************** ****************** コロナウイルス対策に関する陳情書の提出について(案) 拝啓 総理大臣殿  コロナウイルス対策に関して、一部保守系言論人は、政権批判に転じました。しかし、彼らは、分析らしい分析をせず、当該法令を読み込んだうえで発言せず、騒動を煽っているようにしか見えません。    このような状況において、コロナウイルス問題に係わる、政権の後始末的な後手対応を多方面から分析していくうちに、「広範囲な法の未整備状況が、政権が手ぬるい対応を選択せざるを得ない、根本原因」であるとの結論に達しました。  橋下徹は、「外国人観光客が爆発的に増えたのに、現在の感染症法・検疫法がそれに全く追い付いていない」との見解をツイッターにて示しました。  一方で、知り合いの自民党議員に対し法の不備の可能性について、相談を試みました。が、その議員は、「政府は、なんとかするはずだ、できるはずだ」という見解でした。私はそうは思いません。「あまりに広範囲に、法の未整備実態が放置されている」と考えます。  この…

続きを読む

コロナウイルス対策 法整備し直すべき法律とその概要

コロウイルスに対しての政府の後手対応、根本原因が法的未整備にあることに気づく人が出始めた。 ―― 参考情報 ―――――――――― 武漢帰還者への対策で日本が諸外国に遅れを取りまくりだと判明 明らかに法整備が遅れている http://japannews01.blog.jp/archives/50531980.html ――――――――――――――――― 本稿では、コロナウイルス等、国境を超えた感染症に関して、法の未整備状態が確実視されるとの判断、視点からの提言。 なお、本稿では、人権上の制約事項の取り扱いについての検討は、除外させていただく。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【厚労省】武漢からの帰国者は強制隔離できず 人権に制約のかかる対応は取れない https://hosyusokuhou.jp/archives/48870580.html ――――――――――――――――― まず、感染者の分類・定義から入りたい。 感染状態分類というと、通常は.発生順序による分類になる。(国内で)最初に発症した人、二次感染した人、三次感染した人、、、数次感染した人ということになる。 しかし、今回は、発生国が中国なので、表現的にはそうはならない。 大まかに言うと、 ①感染症発症した状態で日本に入国した中国人旅行者 ②潜伏期間中の保菌者として日本に入国した中国人旅行者 ③中国人感染者、潜伏期間中の保菌者から二次感染…

続きを読む

人気記事