コロナウイルス問題に関する厚生労働省の取組みに関する評価(私見)

過去1か月間程度の、厚生労働省のコロナウイルス問題に関する取組みについて、一国民の視点から私見を述べさせていただく。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・全体方針策定 初動の段階で、省庁横断的な対応方針を定めなかったことが致命的だった。 中共の情報を鵜呑みにし?、WHOの判断を尊重したことが結果的に悔やまれる。WHO事務局長に嵌められたという認識がなかったことがそもそも問題…

続きを読む

政権は「後手」批判回避のため厚生労働省幹部入れ替え人事を断行すべきだ

コロナウイルス感染は、世界的な流行(パンデミック)状態に移行することが確定的な情勢にある。 ここに来て、政権は、コロナウイルス対応が後手に廻っているという批判の意味がやっと理解できてきたようだ。首相の英断による、小中高の臨時休校は、先手で対応していることを証明する措置と評価されるだろう。 が、それ以前がひど過ぎた。 私は首相に辞めて欲しいと言うつもりはない。 後手対応という批…

続きを読む

「策士 安倍首相」がこのタイミングで企んでいること

本稿は、以下の記事の続編。 ―― 参考情報 ―――――――――― なぜ安倍首相は中共に忖度せざるを得ないのか? https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473772742.html ――――――――――――――――― また、本稿は、コロナウイルスの感染拡大、マスク等の品切れの長期化などから、保守層の一部に動揺が拡がり、安倍政…

続きを読む

人気記事